レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「F1はレギュレーション変更で機会を逃した」
レッドブルF1のデザイナーだるエイドリアン・ニューウェイは、2022年のレギュレーション変更でF1は“機会を逃した”と主張する。

ドライバー間の競争を平常化することを目指した新しい設計哲学に基づいた新F1レギュレーションな、当初は今年導入される予定だったが、新型コロナウイルスの世界的な大流行によって2022年まで延期された。

エイドリアン・ニューウェイは、シンプルな空力アプローチが採用をした新レギュレーションのルールの制限的な性質と革新の範囲が限られていることに当初から不満を抱いていた。12か月経った今でも、その意見に変わりはない。

「とにかく非常に不幸だし、機会を逃したと思う」とエイドリアン・ニューウェイは Formule 1 のインタビューで語った。

「まったく新しい規制を考え出す場合、それが問題ないことを確認しなければならない。しかし、これらの規則はそうではない」

エイドリアン・ニューイは、レッドブルF1での自分のデザインの役割に完全に集中しているが、2021年の変化に取り組むことは“興奮”を刺激しなかったと認める。

「これらのルールを自分にとってエキサイティングなものにするためにまだ何かを見つけなければならないことを認めなければならない」とエイドリアン・ニューウェイは付け加えた。

「これが良い新しいレギュレーションだとは思わない」

エイドリアン・ニューウェイのレッドブルF1への忠誠心は、2005年にチームに加入して以来、決して揺らいでいませんが、アストンマーティンのハイパーカーであるヴァルキリーの設計などのサイテライトプロジェクトにエンジニアリングスキルを適用するために、F1の第一線を退いていた時期もあった。

現在、62歳のエイドリアン・ニューウェイは、レッドブル・レーシングに対してより“父親的な感情”を抱いていると認めるが、より多くの責任も担っている。

「私はレッドブルをスタートアップチームとして見たが、それは私にとって本当に魅力的だった」とエイドリアン・ニューウェイは語った。

「レッドブルがどこに行くのか誰にも分からなかったが、最初の目標はレースに勝つためのポジションに立つことだった。そして、そこから見てみるつもりだった」

「したがって、我々が長年にわたって成し遂げてきた成功は、私に素晴らしく、非常に充実した経験を与えてくれた」

「ウィリアムズとマクラーレンは素晴らしいチームだが、ある意味で評価されているにもかかわらず、常に従業員であると感じていた」

「一方、レッドブルでは、より多くの責任を感じている。チームに対して少し父親的な気持ちさえある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル