フェルスタッペン&ペレス、レッドブル RB16Bをシミュレーターで経験済 / 2021年のF1世界選手権
レッドブルF1は、2021年F1マシン『RB16B』がいつ発表されるかまだ明らかにしていない。RB16Bはまだ完成には程遠い状態だが、マックス・フェルスタッペン、そして、新加入のセルジオ・ペレスは、すでにシミュレーターで新車の第一印象を得ている。

『最初の数メーターの後のマックスの目を見れば、どのようなシーズンになるかが分かる』。これはプレシーズンテスト直前のお決まりのフレーズだ。コース上で走行することでドライバーは新車について多くのことを理解するが、実際にはそれがマシンとの最初の出会いではない。

レッドブルF1のミルトンキーンズのファクトリーには最先端のシミュレーターがある。非常に現実的で用途が広いため、マシンが組み立てられる前であっても、2021年以前にマシンをテストすることができる。

ファクトリーを訪問したセルジオ・ペレスは、レッドブルF1の紹介インタビューで、すでにそのシミュレーターで新しいマシンにテストしており、自分が慣れるマシンとは「完全に異なる」と感じたと語っている。

マックス・フェルスタッペンは、新型コロナウイルスの再流行によってまだ今年ファクトリーを訪れていない。しかし、新車の開発の初期段階ですでにシミュレーターでRB16Bをテストしていると RacingNews365 は報道。

もちろん、新型コロナウイルスによる制限はあるが、チームは必要な技術データをマックス・フェルスタッペンと共有している。そして、セルジオ・ペレスの唯一のコメントがドライビングが「異なっていた」であったのは理由がないわけではない。

マクラーレンのランド・ノリスも、同じテーマについて、シミュレーターで新車を実際にテストしたこと以上の情報を提供していない。

「でも、それについてはこれ以上は言えない」とランド・ノリスは語っている。

レッドブルF1にとって、シミュレーションのデータがサーキットと一致することが課題となる。昨年の序盤はそれに失敗。特に特定の風洞での空力値が一致しなかったため、レッドブルF1は挽回するためにいくつかのレースが必要だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス / マックス・フェルスタッペン