レッドブルF1首脳 「ベッテルに適切なタイミングで市場に出るよう勧めた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルに“適切なタイミング”でF1のドライバー市場に戻れるように2021年にサバティカルをとるよう勧めたことを明かした。」

昨年5月、セバスチャン・ベッテルはフェラーリF1から戦力外通告を受けた。その後、将来を熟考したセバスチャン・ベッテルは、かつての恩師であるヘルムート・マルコにアドバイスを求めた。

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルにサバティカルを取るように勧めた理由について F1-Insider に語った。

「(2020年の開幕時に)セバスチャンがフェラーリとまた困難なシーズンを迎えることは明らかだった。彼には急いで行動せず、待ってほしかった」とヘルムート・マルコは語った。

「2022年のドライバー市場では根本的なことが変わるのは明らかだったからだ。たとえば、メルセデスには空席ができると確信していた」

「だが、それだけではない。そこにはレッドブルも含まれていた。彼が可能な限り最高のオファーを受けることができるように、彼が適切なタイミングで市場に出ていることを望んでいた。何よりも、4度のワールドチャンピオンにF1に別れを告げてほしくなかった。友達としてではなく、レッドブルの男としてもね」

ヘルムト・マルコは、当初はセバスチャン・ベッテルがレッドブルに戻ることを考えていなかったと語る。当時のすべての兆候が、2021年のレッドブルの状況を示していたからだ。

「フェラーリが彼に通知したとき、我々には2021年に空いている場所はなかった」とヘルムート・マルコは続けた。

「当時、我々はアレクサンダー・アルボンがポジティブに成長し、2021年にマックス・フェルスタッペンとドライブできるようになると固く思っていた。セバスチャンにはそう伝えた」

「残念ながら、我々は間違っていた。行動を起こさなければならなかったとき、セバスチャンはアストンマーティンに長期的なコミットメントをしていため、もはや彼はリストに載っていなかった。したがって、我々にとってはセルジオ・ペレスが論理的な決断だった」

セバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンF1でのキャリアの新しい章を開こうとしている。

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルの選択を理解しており、それが難しい仕事であることを認めるが、彼が今シーズンの価値のある対戦相手になることを望んでいると語る。

「アストンマーティンはとても魅力的だった」とヘルムート・マルコは言った。

「その名前はカルトであり、メルセデスとの緊密な協力は競技面を約束している。私ならば個人的に待っていただろうが、彼を理解することができる」

「彼が再び昔の姿を見つけてくれることを願っている。彼は過去2年間が自分のベストではなかったことを知っている。理由が何であれね。しかし、彼は我々にとって危険ではないと思う」

「2020年に、彼の新しいチームはそれに点で我々には遠く及ばなかった。それはペレスが特にシーズンの後半に非常に強かったという事実にもかかわらずだ」。

「セバスチャンがすべてのレースでトップの状態にあるとしても、ドライバーとして彼はチームが我々に対して持っていたギャップを埋めることができない。だが、私は間違っているかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル