レッドブルF1首脳 「メルセデスとホンダのF1エンジンは0.3秒の差があった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年のF1世界選手権でホンダのF1エンジンのパワーによって0.3秒を失っていたと明かし、今季はその差を埋められることを期待していると述べた。

2020年にタイトルを獲得するというレッドブル・ホンダF1の希望はシーズンの早い段階で打ち砕かれた。シーズン序盤に大きく離された差は最終戦ではごくわずかだったが、レッドブルF1はメルセデスが意図的にパフォーマンスを落としていたと考えている。

それでもヘルムート・マルコは、2021年シーズンに向けて新たな希望があると語る。例えば、2021年シーズンまでの準備期間中に強制的なフロア調整によって失ったダウンフォースはRB16Bの開発プロセスのなかですでに大部分を取り戻しているという。

「新しいルールによって失われたダウンフォースを大幅に補うことができると信じている。しかし、すべてのチームが今年のこの時期にそう考えるだろう」とヘルムート・マルコは Auto Motor undSport に語った。

ヘルムート・マルコは、2021年にメルセデスF1と戦えることを期待しているが、これにはホンダF1が大きな役割を果たすと語る。

「我々が昨シーズンの初めよりも良い位置にいるのは確かだ」ヘルムート・マルコは語る。

「メルセデスが何をするかを待つ必要がある。少なくともホンダからはポジティブなシグナルしか受け取っていないし、これまでのところ、彼らはすべての発表に応えてきた」

ヘルムート・マルコは、ホンダとメルセデスの間のギャップは1周あたり0.3秒あったとし、レッドブルが少なくともエンジン出力の点でメルセデスに近づくことを切に望んでおり、昨年末にメルセデスのF1パワーユニットに見舞われたMGU-Kの問題が助けになることを期待していると語る。

「エンジンのエリアのメルセデスに対して平均して1周あたり0.3秒を失っていた」とヘルムート・マルコは語る。

「メルセデスは最近、エンジンの信頼性の問題を経験している。これらの問題の修正に時間を費やす必要があり、結果として電力を見つけることに時間を費やすことができないことを願っている。パフォーマンスの面で2つのエンジンが互いに接近する要因になるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス