レッドブル・ホンダF1代表 「ミディアムの方が適したタイヤだった」 / F1ポルトガルGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2020年のF1世界選手権 第12戦 F1ポルトガルGPの決勝レースを振り返った。

F1ポルトガルGPでは、マックス・フェルスタッペンが3位でフィニッシュして3戦連続となる表彰台を獲得。アレクサンダー・アルボンはスタートで順位を落としたことが響き、12位でレースを終えた。

「またしてもマックスは今日のレースで可能な限りすべてを出し切って順当に3位入賞を果たし、彼の40回目の表彰台を獲得した」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「トリッキーなスタートの後、彼は最初の数コーナーでルイス(ハミルトン)にかなり近づいたが、我々はソフトタイヤを機能させることに本当に苦労していた。マクラーレンは即座にソフトタイヤにスイッチを入れ、全員を追い越していった。マックスは幸いにもセルジオとのレーシングインシデントでダメージを受けず、そこから今日のアロケーションでより適したタイヤであることが判明したミディアムタイヤに交換するまで上位勢についていくことができた」

「スタートでかなりのポジションを失い、11番手でファーストラップを終えたアレックスにとっては難しいレースとなったし、マックスと同じようにソフトタイヤにスイッチを入れることに苦労していた。スイッチが入ってもDRSトレインに引っかかってしまい、タイヤがすぐに摩耗してしまったので、早めにミディアムに交換するためにピットに入れた。そこからはまずまずのペースがあったが、キミの後ろに引っかかり、タイヤがかなり摩耗したことでもう一度ピットに入れた。アレックスにとって12位でのフィニッシュは残念な結果だったし、ポイント圏外だったのは期待外れな結果だ」

「F1勝利数の記録を破ったルイス、そして、再び世界記録を破り、3回全てのピットストップを19秒以下で完了させた我々のピットクルーを祝福したい。素晴らしい業績だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1