レッドブルF1 「ホンダのF1プログラムを引き継ぐには開発凍結が鍵」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、ホンダのF1エンジンプログラムを引き続くことが望ましい選択肢だが、それはエンジン開発が凍結される場合に限られると語る。

ホンダが2021年シーズン限りでF1からの撤退を発表したことで、レッドブル・レーシングとアルファタウリは2022年以降の新しいパワーユニットサプライヤーを探さなければならない状況となっている。

残る3つのエンジンメーカーは彼らのスタンスを明確にしている。2021年からワークスチームに加えて3つのカスタマーチームを抱えるメルセデスは“ノー”と断言し、フェラーリは“要請があれば検討”、ルノーは“必要な場合”には供給しても構わないとしている。

レギュレーションでは、エンジンがないF1チームが出てきた場合、カスタマーが最も少ないエンジンメーカーが供給しなければならないと定められている。その場合、マクラーレンが2021年にメルセデスに切り替えることでカスタマーがゼロになるルノーということになる。

しかし、レッドブルはルノーとの強制的な再協力を避けたいと考えており、代わりにホンダのF1エンジンを購入してバッジを付け直そうとしている。

「前向きな条件で交渉が行われ、ホンダの知的財産を引き継ぎ、ミルトンキーンズでエンジンを準備するのが好ましい。しかし、これは2022年の最初のレースからエンジンが凍結される場合にのみ可能だ。これについてはFIAができるだけ早く決定する必要がある」とヘルムート・マルコは Sport 1 に語った。

「決定がポジティブである場合、次のステップはホンダとの合意を見つけることだ。我々にはミルトンキーンズにいくつか建物があり、ホンダもそうだ。現在、我々はそれを実装できるかどうかを確認している」

「現在のすべてのエンジンメーカーには独自のチームがあり、シャシーに合わせてエンジンを構築している。シャシーに合わせて構築しなければならない部分で何かを得られるはずだ。我々は受け入れなければならない技術的ソリューションに直面するだろう」

「それが我々がホンダF1のソリューションを好む理由だ。しかし、我々はすべての可能性を調査している。それらのことが起こった場合、それは全体的な状況に適合しなければならず、我々を競争力のあるものにしなければならない。強制な結婚は我々にとって要因ではない」

ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、レッドブルが独自もしくは新しいパートナーとエンジンを開発できるように2021年のF1撤退後もホンダのF1エンジンを継続することについて話し合うことにオープンだと語っている。

「形はどうあれ、アルファタウリとレッドブルの2021年以降のプログラムをサポートするということに関して、我々は喜んで協力します」

「ホンダとして両チームからたくさんのものをもらいました。将来、それを何らかの形で返したいと思っています」

ホンダF1としてレッドブルを技術的にサポートする可能性について質問された山本雅史は「チームからそのような要求があれば、私は日本と話す準備ができています」と語る。

「個人的には、レッドブルとアルファタウリが行うことを可能な限りサポートしたいと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1