レッドブル・ホンダF1、ヒュルケンベルグに代役を打診していたことが判明 / F1アイフェルGP
F1の“スーパーサブ”の称号を得ているニコ・ヒュルケンベルグは、先週末のF1アイフェルGPでレッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンのマシンのステアリングを握っていた可能性があった。

最終的にニコ・ヒュルケンベルグは、土曜日にドイツ・ケルンで友人とコーヒーを飲んでいるときに、レーシング・ポイントF1から体調不良のランス・ストロールに代わって予選に出場するために呼び出された。

決勝では、最後尾からスタートして8位でフィニッシュしたニコ・ヒュルケンベルグは、F1アイフェルGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”に選出されている。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ニコ・ヒュルケンベルグが予選で最下位だったことは恥ずべきことではないと語る。

「彼がすぐに他の人たちと同じペースで走っていたとしたら、それは彼ら全員がお金をもらい過ぎていることを意味していただろう」とラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に冗談交じりに語った。

しかし、先週末、ニコ・ヒュルケンベルグに電話を掛けたのはオトマー・サフナウアーが最初ではなかったことが明らかになった。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは、金曜日にニコ・ヒュルケンベルグに電話していたことを Sport1 に明かした。

「一方で、我々は2021年にF1が開催されるときにServusTVのコメンテーターになることについてニコと話し合っている」とヘルムート・マルコは語った。

「だが、アレクサンダー・アルボンの新型コロナウイルスの検査結果が不明確で、交代の必要がありそうだったので金曜日にも彼と連絡を取った」

興味深いことに、ニコ・ヒュルケンベルグは、苦戦を強いられているアレクサンダー・アルボンに代わって2021年にレッドブル・ホンダF1のシートを得ることも噂されている。

「アルボンはパフォーマンスを発揮しなければならない」とヘルムート・マルコは同意する。

「そうすれば彼はとどまる。彼はニュルブルクリンクで良いパフォーマンスを発揮していた。どうなるか見てみるつもりだ」

だが、ニュルブルクリンクのアレクサンダー・アルボンのパフォーマンスが良かったという部分には誰もが同意しているわけではない。

2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、アレクサンダー・アルボンのレースは“不十分”だったとし、レース中に接触されたダニール・クビアトは、アルボンの動きは“プロのものとは言えない”と非難した。

マックス・フェルスタッペンの元チームメイトであるダニエル・リカルドは、フェルスタッペンと一緒にレースをするのは簡単なことではないと語る。

「マックスはとても優れたドライバーだ」とダニエル・リカルドは L'Equipe に語った。

「ピエール(ガスリー)やアレックスのような若いドライバーにとっては間違いなく簡単ではない。マックスと競争するには精神的にかなりの立ち直りの早さが必要だ」

ヘルムート・マルコも、アレクサンダー・アルボンのシートが盤石ではないことを否定しない。

「我々自身のドライバーの外で獲得可能なのはヒュルケンベルグとペレスだけだとはっきりと言うことができる」とヘルムート・マルコは語る。

「基本的に、マックス・フェルスタッペンに0.3秒以内に近づくける者はほとんどいないと思う。調子の良い日にはアルボンにもそれができる」

ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年の代役としての参戦が今のところ契約に結び付いていないと述べた。

アレクサンダー・アルボンの後任としてレッドブル・ホンダF1に加入する可能性について失望されたニコ・ヒュルケンベルグは「非常に小さい」と答えた。

「レッドブルは常にジュニアチームのドライバーが待機している。F1では何が起こるか決してわからないけど、重要なのは必ずしもパフォーマンスだけではない。多くの場合、本当に大きな役割を果たす他の要因がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ニコ・ヒュルケンベルグ