レッドブルF1 「ホンダのF1エンジンはフィールドで2番目に強力」
レッドブル・レーシングは、ホンダF1のエンジンのパフォーマンスに非常に満足している。チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダF1は良い仕事をしており、現時点ではメルセデスに次いで2番目に強力なエンジンだと主張する。

2021年にF1エンジンの勢力図は大きく動いた。昨年“最強エンジン”の称号を得ていたフェラーリは、不正疑惑の影響か最下位に転落。メルセデスは冬の間に大きな飛躍を遂げ、ホンダとルノーが僅差でメルセデスを追いかけている。

クリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンよりも強力だと主張する。

「ホンダはいい仕事をしている。我々はおそらくフィールドで2番目に強力なエンジンを持っている」とクリスチャン・ホーナーは Auto Motor und Sport にコメント。

「しかし、目標は最高のエンジンを手に入れることだ」

数週間前、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダのF1エンジンのセッティングが保守的すぎると漏らしていた。そのフィードバックを受けたホンダF1は何らかの対策を施したようだ。

「ホンダF1はエンジンをより積極的に稼働させている。しかし、それは戦略的に使用する必要がある。リーダーから10秒遅れている場合、そのようなことをしても意味はない。適切なタイミングで最もパワフルなセッティングを使用する必要がある」とクリスチャン・ホーナーは説明する。

だが、新型コロナウイルスの発生によって、FIAは特定のルールを制定し、F1エンジンの開発は凍結された。そのため、ホンダは思い通りにメルセデスとのギャップを縮めることはできなくなっている。改善は進んでいるが、それは例えば予選モードとは関係のないものとなっている。

「より高いエンジンモードをより長く運転できることを期待している」とクリスチャン・ホーナーは実装されているアップデートについて語った。

シーズン序盤、ホンダのF1エンジンが十分に競争力を発揮できていなかっただけでなく、レッドブル側もRB16のシャシーにいくつかの問題を抱えていた。レッドブルは問題は100%理解できたのだろうか?

「自分のマシンを100%理解しているチームなどいないと思う。だが、我々には今後マシンの開発をさらに進めていくために取り組まなければならない明確な方向性がある」とクリスチャン・ホーナーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1