レッドブル・ホンダF1 「2020年のメルセデスのF1エンジンの進歩は驚愕」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダF1は2020年のメルセデスのF1エンジンのパワーブーストによって窮地に追い込まれていると語る。

今年、レッドブル・ホンダF1は、史上最年少F1ワールドチャンピオンがかかっているマックス・フェルスタッペンになんとしてでもタイトルを獲らせようと冬の間にシャシーとエンジンの改善に取り組んできた。

しかし、ヘルムート・マルコは「冬の間にメルセデスのF1エンジンが著しく強力になったことは我々にとって驚くべきことだった」と Bild am Sonntag に認める。

「第1戦のスタートで(ルイス)ハミルトンが(アレクサンダー)アルボンを追い抜いた方法はは恐ろしかった」

「しかし、それが現状であり、短期的にどのように対処できるかを見極めていく必要がある」

レッドブル・ホンダF1は、開幕戦オーストリアGPの週末にDASシステム、そして、ルイス・ハミルトンの予選でのイエローフラッグ無視に抗議。メルセデスF1は度重なる横やりに“堪忍袋の緒が切れる”と徹底抗戦の構えをみせている。

「ワールドチャンピオンシップに関わることなので、我々は平等な待遇を求めている」とヘルムート・マルコは主張する。

「耳障りなことをするつもりはないが、我々がメルセデスに屈服することは絶対にないだろう」

ヘルムート・マルコは、フェラーリがそのタイトル争いに加わることができるかどうかは疑わしいと語る。

「すべてのフェラーリチームが0.1~1秒遅くなったという事実を見れば、明確な結論を導くことができるだろう」とヘルムート・マルコは語った。

「通常、彼らはそのようなことをうまく解決するのに十分強いが、1シーズンでそれほど大きな赤字を補うことはできない」

最後に、ヘルムート・マルコは、先週末のF1オーストリアGPでアレクサンダー・アルボンがグリッドで片膝をついた、マックス・フェルスタッペンが起立したままでいることを件について尋ねられた。

「ドライバーに任せた」とヘルムート・マルコは説明する。「我々はスポーツイベントに過度の政治を混ぜてはならないという見方をしていまる」

「しかし、誰かが跪かないからといって、人種差別主義者であるとするのはお門違いだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス