レッドブルF1 「メルセデスが降りてもFIA/フェラーリへの追及はやめない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1エンジンの不成功疑惑についてフェラーリと秘密の取引をしたFIA(国際自動車連盟)に責任説明を負わせることを決して放棄するつもりはないと語る。

ヘルムート・マルコは、メルセデスが放り投げた案件をふろいあげ、FIAが2019年のF1エンジンの合法性に関連したフェラーリとの秘密協定の条件の開示を求めるために残りの6チームを率いていく。

昨年、FIAはF1エンジンの燃料流量の制限を超える可能性のあるフェラーリの功名な策略について調査。しかし、スキームの複雑さにより、ルールの悪用が合法であるかどうかを明確に確立することができなかった。

代わりに、FIAはフェラーリとパワーユニットに関連する機密契約を締結。内容の開示を求めた7チームの要求を拒否した。

ヘルムート・マルコは、FIAの対応が“非常に表面的な声明”であると怒りを露わにしている。

「フェラーリに関連することから何を期待できる? なので、この話は続く」とヘルムート・マルコは Motorsport-Totalに語った。

ヘルムート・マルコは、7チームのグループからのメルセデスの突然の離反に驚いたことを認める。

「(トト)ヴォルフはこの手紙の発起人だった」とオーストリア人はモータースポーツ・トータルに語った。「その後、この撤退が突然起こったことに非常に驚いた」

だが、トト・ヴォルフの心の変化は、ダイラーの最高経営責任者であるオラ・ケレニウスがフェラーリのジョン・エルカン会長と長く話し合った後のことであると考えられている。

しかし、ヘルムート・マルコは、メルセデスのそばにいなくても、FIAに圧力をかけて従わせる決意だ。

ヘルムート・マルコは「残念ながら、現時点では他のことを扱っている」と f1-insider.com に語った。

「しかし、それが通常に戻ったら、我々はFIAとフェラーリに関することをあきらめるつもりはない」

「我々にはフェラーリあるいはFIAを傷つけようという意図はない。だが、我々はあの奇妙な秘密合意がどのようないきさつでまとめられたのか、その完全な説明を引き続き求めていく」

「たとえメルセデスがいなくてもね。最初は彼らがこの機関車の運転席にいたが、どういうわけか列車から飛び降りてしまった」

元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、FIAがフェラーリとの“秘密の和解”を発表したことで、自ら厄介な問題には首を突っ込んだと考えている。

「FIAがやったこと、すべきではないこと、それは彼らはフェラーリとの合意に達したと発表したプレスリリースを出したことだと思う」とバーニー・エクレストンは Autocar に語った。

「どういう意味なのか? 何のための合意なのか? それは規制の範囲内だったが、彼らはそれが許されるべきものだったとも考えていない。彼らは将来のためにそれを禁止するだけだ。そうでなければ、私はどのような同意を得ることができるのか理解できない」

「合意して『まあ、あなたは間違いなく100%浮気したが、それは起こってしまったことであり、今我々がそれについてできることはほとんどないので、我々はあなたのために罰金を科す』ということなのだろうか」

フェラーリの現在の物語は、バーニー・エクレストンにマクラーレンを巻き込んだ悪名高い“スパイゲート”スキャンダルを思い起こさせた。マクラーレンはは1億ドルの罰金を科せられている。

「私は彼らに1億ドルの罰金を科すべきだと提案した。残念ながら、私を非難したチームがいたと思う」とバーニー・エクレストンは語る。

「代わりは何ができた? 当時、FIAの会長であるマックス・モズレーは、チャンピオンシップから彼らを追い出したいと考えていた」

「私は『あなたは彼らを2年間締め出すするつもりなのか』と言った。少なくとも彼らは求めようとした。彼らは2年以上消えることになる。だが、それは実際には行われなかった」

「なぜ彼らを罰し、何が起こったから彼らが稼ぐであろうお金を奪わないのか。それが我々のやったことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / メルセデス / FIA