「レッドブルF1は是が非でもフェルスタッペンとの契約延長が必要だった」
レッドブルF1は、何としてでもマックス・フェルスタッペンとの契約を延長しなければならなかったとF1ジャーナリストのマーク・プレーストリーは語る。

メルセデス移籍の噂もあったマックス・フェルスタッペンだが、レッドブルF1は2020年シーズンが開幕する前に2023年までの契約を延長することに成功した。

「レッドブルの最も重要な場所は現在埋められており、特にそれはチームにとって良いことだ。彼らはそうしなければならなかった。チーム全体がフェルスタッペンを中心に構築されているからだ」とマーク・プレーストリーは説明する。

「フェルスタッペンの後ろには誰もいない。もちろん、セカンドドライバーとしてアレクサンダー・アルボンがいるが、彼はデビューシーズンにマックスのように勝つことはできなかった。他のジュニアも勝つことはできない。レッドブルはフェルスタッペンに対して非常に良い動きをした」

レッドブルはマックス・フェルスタッペンを確保し、フェラーリもシャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長した。しかし、メルセデスはまだ現役F1ワールドチャンピオンとの契約を確保できていない。

「他チームにとってフェルスタッペンはもはや獲得できなくなった。フェラーリにとてもそれは同じだ。フェラーリでルクレールはフェルスタッペンをセカンドシートに選択することは決してないので、その選択は理にかなっている」

「また、マックスはハミルトンが2021年の選択をするまで待つことができなかあった。マックスは自分の将来に明確さを必要とし、レッドブルもそれは同じだった」

レッドブルとフェラーリの早い動きはメルセデスを危険な状況に置いている。

「現在、メルセデスはハミルトンに完全に依存している。彼が2020年以降にチームを離れた場合、彼の後を継げる2人の最大の候補者はすでにライバルによって決定されている。メルセデスの選択肢は少ない。それ自体がレッドブルからの強い動きだ」

「さrないマックスにとっても非常に有益だ。チームはすでに彼を中心に完全に構築されており、2020年に彼はすでにタイトル候補の一人だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン