レッドブルF1 「総合力ではまだハミルトンがフェルスタッペンよりも上」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ドライバーとして基本的な部分ではマックス・フェルスタッペンに満足しているが、全体的なパッケージとしては6回のF1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンの方が優れていると考えている。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンはシーズンを通してホイール・トゥ・ホイールのバトルを振り広げてきた。特にハンガリーとブラジルの予選ではフェルスタッペンが速さをあることを示している。

「ルイス・ハミルトンは6回のF1ワールドチャンピオンではあるが、マックス・フェルスタッペンは最速で最高のF1ドライバーだ」とヘルムート・マルコは Motorsport-Total のインタビューでコメント。

「フェルスタッペンの方がすでに速いドライバーかもしれえない。だが、パッケージとしてはまだハミルトンの方が優れている。彼は信じられないど速く、経験も豊富だ。我々は何度もそれを見てきたと思う」

「彼はフリープラクティスでトップではなくても、予選ではベストラップを刻んてくる」

ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンのレースクラフトに感銘を受けているとし、例としてモナコGPでの走りを挙げた。

「例えば、モナコを例に挙げれば、オーバーテイクができない場所ではゆっくりとドライブして、タイヤをセーブする。アブダビでの最速ラップもそうだ」

「マックスと比較して彼は非常に経験が豊富だ。それが大きなアドバンテージになっている」

「もちろん、彼が大部分をトップで走行できるのは幸運なことだし、より簡単だ。だが、我々は来年にそれを変えたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン