レッドブルF1代表 「アルボンはF1シートを自分のものにしている」
2020年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトはまだ発表されていないが、レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のレッドブル・ホンダのシートはほぼアレクサンダー・アルボンのものであることを示唆している。

アレクサンダー・アルボンは、今年のF1ベルギーGPからピエール・ガスリーに代わってレッドブル・ホンダに昇格。チームとの7戦をすべて6位以上でフィニッシュしており、F1日本GPでは自己ベストとなる4位を記録した。

まだ表彰台を獲得していないアレクサンダー・アルボンだが、レッドブル・ホンダ加入以降の獲得ポイントではマックス・フェルスタッペンを上回っている。

クリスチャン・ホーナーの口ぶりからもアレクサンダー・アルボンが来年もレッドブル・ホンダのシートを維持するのはほぼ間違いないようだ。

「ほぼ彼のシートだ」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports F1 にコメント。

「現時点で彼はそれを自分のものしているし、良い仕事をしている」

「我々にはまだシーズン終了まで時間がある。全ドライバーが来年の契約を結んでいるので、急ぐ必要はない、だが、全員が彼のここまでの仕事に感銘を受けている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アレクサンダー・アルボン