F1 レッドブル・ホンダ 「今年こそメルセデスを倒せること願っている」 / F1シンガポールGP
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年のF1シンガポールGPではメルセデスを倒せることを願っていると語る。

23のコーナーを有するタイトでツイスティなマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットの特性はレッドブル・ホンダ RB15に最も適していると考えられている。

レッドブルは過去にシンガポールで12回の表彰台を獲得しているが、過去2年間ではルイス・ハミルトンが勝利を収めており、昨年はマックス・フェルスタッペンが2位で終えている。

「印象的な統計ではあるが、残念ながら、過去4~5年でメルセデスは何度も我々よりも前でフィニッシュしている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

フリー走行1回目ではマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録したが、フリー走行2回目では0.184秒差でルイス・ハミルトンがトップに立っている。

「ルイスはこのサーキットで常に強い。我々は競争力のあるマシンを手に入れたので、彼らと戦えることを願っている。今年はもうひとつ良い結果を出せることを期待している。マックスは夏の期間に絶好調だったし、1回目のプラクティスもポジティブだった。だが、長い週末の始まりのひとつのプラクティスに過ぎない」

「過去5戦で我々に良いペースがあったのは確かだと思う。オーストリア以降のパフォーマンスを見れば、シルバーストーンは強力だったし、ホッケンハイムではレースにかり、ハンガリーではポールポジションを獲得して勝利にかなり近づいていた。モンツァでのレースペースは、後方グリッドからスタートしたマックスのクリーンエアでのパフォーマンスを見れば、彼は上位勢と同じくらい速かった」

「サーキットのクロスセクション全体で確かに励みになっているし、残りの7レースでは他の人よりも我々に適しているサーキットもあるが、残りの7つのグランプリで開催されるすべての会場で強いことを願っている」

モンツァではフェラーリのF1エンジンの優位性が顕著に表れたレースとなった。ホンダのF1エンジンはフェラーリに追いつけるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「フェラーリは現時点でF1のベンチマークだと思う」とコメント。

「彼らのストレートスピードは本当に印象的だ。残りのメーカーはかなり近い地に収束していると思う。卓越したパフォーマンスを備えているのはフェラーリだけだ。したがって、最終的に追いつくのは残りメーカーにかかっている。彼らは現在のベンチマークだ」

レッドブル・ホンダは、2020年のドライバーラインナップでも注目を集めている。夏休み中にレッドブル・ホンダのドライバーに抜擢されたアレクサンダー・アルボンは、過去2戦で結果を残している。

アレクサンダー・アルボンについてクリスチャン・ホーナーは「彼はとても良い仕事をしていると思う」とコメント。

「というのも、彼はクルマに乗ることを突然知らされたが、特にスパでの初レースでの5位へのリカバリーは本当に印象的だったし、モンツァでも力強い週末を過ごした。彼がここまで成し遂げたすべてがチーム全体にとても印象を与えていると言わなければならない」

2020年のドライバー決定についてクリスチャン・ホーナーは「急ぐ必要はない」と語る。

「検討中のドライバーはすべて契約中であるため、我々は何も急ぐ必要のないユニークな立場にいる。したがって、時間を十分にかけて、アレックスの進捗状況を調べて評価し、ダニーとピエールに対して測定していく」

また、ルノーのシートを失い、来季のシートが決定していないニコ・ヒュルケンベルグは“リストに載っていない”と明確に起用を否定した。

「ニコはリストに載っていない。彼は素晴らしいドライバーであり、来年も彼がF1に参加いないことになればとても残念だ。彼はプロのドライバーであり、おそらくF1で彼の可能性を達できていない。彼はグリッドにいる何人かのドライバーよりも優れており、F1にいるべきなので、彼がシートを見つけることを非常に願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1シンガポールGP