F1 レッドブル ピレリ
レッドブル・レーシングのチーフエンジニアを務めるポール・モナハンは、ピレリは2019年のタイヤ仕様を変更しないという決定にとってショーを改善する機会を逃したと考えている。

今年のピレリのトレッド薄いF1タイヤにはメルセデス以外の大部分のチームが苦戦しており、メルセデスの優位性を減らすためにF1オーストリアGPの週末に2018年のトレッドの厚いタイヤに切り替えるための議論が行われた。

しかし、最終的に賛成5チーム、反対5チームに意見は割れ、変更に必要な7チームの同意は得られず、2019年仕様のF1タイヤが継続されることに決定した。

レッドブル・レーシングは、昨年タイヤに戻すという提案を主導したチームのひとつだった。

「それはピレリをやや困難な立場に追いやっている」とポール・モナハンは語る。

「彼らはきちんとした仕事をしているし、彼らはすべてのレースで勝利を目指している。タイヤはクルマで生き残っているし、彼らは安全記録を維持しなければならない」

「少々物議をかもすリスクはあっても我々は2018年のタイヤに戻すことを非常に喜んで受け入れただろう。他の人が認識しているほどリスクは大きいとは思わない」


今シーズン、フェラーリとハースは、今年の化合物を最適な作業ウィンドウに入れることの難しさについての不満をしばしば表明しました。これはメルセデスが非常に効率的に達成した偉業です。

ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2018年仕様のタイヤに戻したとても必ずしも苦労している人たちに役立つわけではないと主張し、今年の空力パッケージもタイヤの挙動に重要な役割を果たしていると主張した。

しかし、ポール・モナハンはその意見に確信を持っておらず、コース上でのアクションを改善することが優先されるべきだと考えている。

「ショーを創り出すことが重要だ。我々は少し後退し、チーム中心のポジションを少し減らし、振り返って『ショーが良くなるならチームはそれに対処できるだろう』と言うべきだと思う。我々の意見は『はい、できます』だ」

「多数決でそうならなかったことは認めているが、我々はその大多数に対してわずかに異なる見方をしている」

賛成票を入れたのはレッドブル、トロロッソ、フェラーリ、ハース、アルファロメオ、反対票を入れたのはメルセデス、レーシングポイント、ウィリアムズ、マクラーレン、ルノーという結果になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ピレリ