F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2021年から導入が予定されている新しいパルクフェルメ・ルールにある程度の理解を示している。

F1は、2021年によりエキサイティングで競争的なレースが展開され、ファンにとってより良い体験を提供するためにマシンレギュレーションを含めた様々な変更を協議している。それに加えて、レース週末をよりコンパクトにすることも計画されている。

木曜日のメディアセッションは廃止され、すべて金曜日に移動される。これにより、金曜日は午前中に記者会見、技術検査、午後に2回のプラクティスと忙しい一日になる。さらに、金曜日の午前中の技術検査の後、チームはマシンに変更を加えることができなくなるという新しいパルクフェル・ルールが計画されちえる。マシンが故障した場合、チームはまったく同じ仕様のパーツに交換する必要がある。

レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、新しいパルクフェルメ・ルールを機能させるには今ほど厳格ではないものにする必要があると考えている。

「パルクフェルメが最初に導入されたとき、それは危険になるだろうと眉をひそめたのは確かだ」とクリスチャン・ホーナーは Autospport にコメント。

「これらのことを試してみて、それが機能するかどうかを確認し、コストに影響を与えるかどうかを確認する必要があります。回避したいのは、そのような規制の導入によって意図しない結果を生むことだ」

「完全に厳密なものではなく、スプリングやウイングのレベルを変更できる余地を残していくべきだ。だが、パーツはホモロゲートされるはずなので、完全に同一なものの代わりに一定量のパーツはあるはずだ」

「利用できるホモロゲートされたパーツの量によっては賢明な解決策になるだろう」

現在のパルクフェルメルールの下では、サスペンションのセットアップ変更や空力調整はフロントウイングのレベルを変更する以上は禁止されています。

理論的には、グランプリの週末に新しい部品をテストして使用する機会を減らすことは、それらの開発にチームが資金を費やすことを妨げることになる。

1つの副作用として、おそらくチームは彼らの焦点をシミュレーション作業やダイナモテストに移すことになるかもしれず、、その分野でのコストが上昇する可能性がある。

だが、クリスチャン・ホーナーは、予定されている1億7500万ドルの予算制限と新パルクフェルメルールを連想させることでリソースと同じくらいの知性を得られることになると考えている。

「賢いチームは常に利点を見い出すだろう。それはF2で目にすることができる。同じクルマであっても、他チームより優れたクルマに仕上げているチームがある」

「結局のところ、関与する人次第だし、彼らがどのようにリソースをコミットするかにかかっている。F1はそれのはるかに極端なバージョンだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1