F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダは、3月9日(土)に明治神宮外苑いちょう並木で公道デモ走行を実施。マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーが東京の公道でF1マシンを走らせる。

2019年はホンダにとってF1復帰以降5年目となり、大きな意味を持つ1年となる。今年はスクーデリア・トロ・ロッソに加えて、レッドブル・レーシングというパートナーを新たに迎え、2チーム・4台体制で臨む。

ホンダは、この大切なシーズンを「ファンの皆様と一緒にキックオフさせていただきたい」と考え、『2019 Honda F1 Kick Off』と題して様々なイベントを開催する。

モースポフェス 2019 SUZUKA ~モータースポーツファン感謝デー
モースポフェス 2019 SUZUKA ~モータースポーツファン感謝デー
3月2~3日は鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス 2019 SUZUKA ~モータースポーツファン感謝デー」にてレッドブル・ホンダの2019年カラーモデルのF1デモカーによる走行を実施。

2019 Honda F1 Kick Off 記者会見
2019 Honda F1 Kick Off 記者会見
そして、3月9日(土)には土)に、レッドブル・レーシングならびトロロロッソ・ホンダから、チーム代表とドライバーを迎えて記者会見を実施。その模様をライブ中継で届ける。

2019 Honda F1 キックオフミーティング
2019 Honda F1 キックオフミーティング
また、同日にはHondaウエルカムプラザ青山では「2019 Honda F1 キックオフミーティング」を開催。トロロッソ・ホンダののダニール・クビアト、アレクサンダー・アルボン、フランツ・トスト チーム代表、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリー、クリスチャン・ホーナー チーム代表とヘルムート・マルコ モータースポーツアドバイザーをゲストに迎え、モータースポーツの最高峰で活躍する7名のトークショーなどを開催する。

「2019 Honda F1 キックオフミーティング」は
(1) Webによる事前募集:「イス席:180名様分、ペア限定イス席:10組20名様分」を抽選により決定し、当選者に案内送付
(2) 当日受付:朝8時から先着順で「立見券:400枚」を配布
(3) 2階席(モニター観覧):立見券の配布完了後「2階席券(モニター観覧):200枚」を配布
  (ステージの進行状況により、1F⇔2F間の移動ができない時間帯がありますことをご容赦ください)
(4) 2階席にも入れない方は、テラスでサイネージ(2ヵ所)にてご観覧可能
(5) Honda公式SNSサイトでの「ライブ中継配信」でご観覧可能
で閲覧可能となる。

Red Bull Showrun Tokyo
Red Bull Showrun Tokyo
その後、レッドブル・ホンダは、明治神宮外苑いちょう並木で公道デモ走行を実施。マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーが東京の公道でF1マシンを走らせる。

観覧は無料。観戦エリアは、『事前申し込みが必要な優先エリア』と『事前申し込みなしのフリーエリア』に分かれている。『Red Bull モータースポーツ』公式ツイッターアカウントにてVIPチケットプレゼントキャンペーンを実施する(期間:2月26日~3月3日)。アカウントをフォローし、該当ツイートをリツイートして頂いた方の中から抽選で 5 組 10 名様をVIP エリアにご招待。VIP エリアではデモ走行実施前にドライバーが訪れミート&グリートを行う。

【日付】3月9日(土) 14:00〜15:00
【会場】明治神宮外苑いちょう並木
【参加ドライバー】マックス・フェルスタッペン/ピエール・ガスリー
【主催】国際トップモータースポーツ体験実行委員会
【後援】オーストリア大使館、英国大使館
【協力】本田技研工業株式会社

・荒天時は中止となる場合があります。中止時には当日朝に公式Twitterよりお知らせさせていただきます。
・日傘や雨天時の傘等の使用は、原則として禁止いたします。レインコートなどをご用意ください。
・大変込み合いますため、カメラの三脚等の使用は禁止いたします。
・開場は9日(土)11時となります。場所取り等は一切禁止いたします。
・会場周辺での深夜早朝の泊り込み、座り込みなどの行為は周辺住民の皆様や他のお客様の迷惑となりますので固く禁止させていただきます。
・事故・混乱防止のため、スタッフの指示には必ず従ってください。スタッフの指示及び注意事項に従って頂けない場合、入場をお断りする場合や、イベント自体を中止することがあります。
・酒気帯び状態でのご入場は固くお断りいたします。
・駐車場はございません。公共の交通機関でお越しください。
・会場内・外で発生した事故・盗難等は、主催者は一切責任を負いません。貴重品を含む物品はご自身で管理いただくようお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1