F1 ホンダF1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングは、ホンダのF1エンジンを搭載した2019年F1マシン『RB15』のシェイクダウンを完了。ルノーのF1エンジンを搭載した昨年よりも多くの馬力を得て、すべてのサーキットで勝利に挑戦することを目標に掲げた。

レッドブル・レーシングは2月13日(水)にホンダの2019年F1パワーユニット『RA619H』を搭載したマシン『RB15』を公開。シェイクダウン限定の特別カラーリングを施したRB15は大きな話題を呼んでいる。

同日、新生レッドブル・ホンダは、フィルミングデーを利用してシルバーストーン・サーキットでRB15のシェイクダウンを完了。マックス・フェルスタッペンがステアリングを握り、ホンダのエンジンサウンドをサーキットに轟かせながら、ノートラブルで36周を走破した。

レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、プレシーズンテストにむけて新しいパートナーであるホンダと作業を開始することがいかに重要なものだったかと語った。

「新車の初めて走るのを見るのはいつだって素晴らしいことだ」とクリチャン・ホーナーはコメント。

「RB15はホンダのF1パワーユニットを搭載する我々の初めてのクルマだ。ここシルバーストーンでの1回限りのカラーリングもとてもカッコいい」

「もちちん、今日は撮影がすべてではあるが、来週バルセロナに向かう前に、すべてのシステムが機能し、クルマが基本的に適切な状態であることを確認できる本当に重要な機会だ。来週はもう少し気温が温かくなることを願っているよ!」

「今後8日間のテストが行われる。メルボルンでの新シーズン初戦までにできるだけその進歩を最大限に引き出せるように走行時間を最大限に生かすことが重要だ」

シェイクダウンを担当したマックス・フェルスタッペンも初めて走らせたホンダのF1エンジンは“とてもポジティブ”だったと語る。

「今日の作業が終わった。クルマで最初の走行を行った」とマックス・フェルスタッペンは笑顔でコメント。

「初めて走ってみて笑顔になったし、クルマの挙動にはとても満足している。エンジンもいい感じだ。とてもポジティブだ。一緒に働いたホンダの人たちも本当に素晴らしいグループだ」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、エンジンだけではなく、RB15のシャシー自体も優れたものだと語る。RB15は“空力の鬼才”と称されるエイドリアン・ニューウェイが本格的に現場復帰してデザインに携わった。

「RB15は再び典型的なニューウェイのマシンに仕上がった」とヘルムート・マルコは語る。

「冷却インレットはホンダに調整されている。クルマはシェイクダウンの初めからスムーズに走っていた。ミルトン・キーンズの誰もが楽観的で非常に興奮している」

「クルマの数値はポジティブなものであり、現在の我々には初めてパーティモードがある」

昨年、レッドブル・レーシングは4勝を挙げたが、それはエンジンパワーに依存せず、シャシー性能を発揮できるサーキットに限られた。

クリスチャン・ホーナーは、今年はマシン特性にあったサーキットだけではなく、パワーセンシティブなサーキットでも一貫して勝利に挑むことを目標に掲げた。

「我々の目標が進歩であることは明らかだ。過去2シーズでは我々はメルセデスとフェラーリと残りのフィールドの隙間に位置していた」

「前年は3勝だったが、我々はマシン特性に適した会場では競争力を発揮し、4勝を挙げることができた。本来なら5勝を挙げるべきだったがね」

「我々の課題は、すべてのサーキットでより一貫性を発揮し、もっと勝利に挑むことだ。そして、昨年よりも多くの馬力を得て、そのギャップを縮めることだ」

「目標は、輝けを放ったサーキットやパワーによって制限されることなく、様々な種類のサーキットでより一貫して勝利にチャレンジすることだ」

レッドブル・ホンダ RB15

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1