F1 レッドブル・ホンダ RB15
レッドブル・レーシングは2月13日(水)、ホンダのF1エンジンを搭載する2019年F1マシン『RB15』を公開。シルバーストーン・サーキットでシェイクダウンを実施した。

かつてルノーのF1エンジンでダブルタイトルを4連覇したレッドブル・レーシングだが、2014年にF1にV6ターボ“ハイブリッド”エンジンが導入されて以降、ルノーのF1パワーユニットは信頼性と競争力に欠け、両者の関係は悪化。昨シーズン限りで12年に及んだルノーとのパートナーシップに終止符を打った。

レッドブル・レーシングは、昨年、姉妹チームのスクーデリア・トロ・ロッソと組んでF1パワーユニットの信頼性とパフォーマンスを大幅に改善されたホンダのF1パワーユニットを搭載することを決断。ルノーとのカスタマー供給とは異なり、ホンダからはワークスエンジンを供給されることになり、2013年以来遠ざかっているF1ワールドチャンピオンの奪還を目指す。

レッドブル・レーシングは2月13日(水)、ホンダのF1エンジンを搭載する2019年F1マシン『RB15』を公開。公開されたRB15は、ネイビーのボディにレッドで幾何学模様な斬新なカラーリングが施されたが、これはプレシーズン限定の特別なカラーとのこと。プレシーズンテストもしくはシーズン開幕前にレース用のカラーリングが公開されることになる。レッドブル・レーシングは、2015年と2017年にも新車発表時にカモフラージュ塗装で公開して話題となっている。

レッドブル・ホンダ RB15は、“空力の鬼才”と称されるエイドリアン・ニューウェイが現場に本格復帰してデザインされた意欲作。2019年のF1世界選手権はオーバーテイクを改善するために空力レギュレーションに変更があり、いくつかの重要なエリアが変更になった。中でもフロントウイングは大きく変わり、構造が簡素化されている。

今年からホンダのF1パワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングだが、興味深いことに昨年までエンジンのネーミングライツを得ていたタグホイヤも支援を継続。ロゴの場所はコックピットの前に移動し、エンジンカバー部分には当然ながらホンダのロゴが鎮座している。タイトルスポンサーのアストンマーティンのロゴは、リアウイングとノーズに表示されている。

マシン発表後、レッドブル・レーシングは、フィルミングデーを利用してシルバーストーン・サーキットでレッドブル・ホンダ RB15のシェイクダウンを実施。マックス・フェルスタッペンがステリングを握った。フィルミングデーは、プロモーション活動を目的に2日間の走行が許可されており、F1チームはピレリのプロモーション用の特別なタイヤを装着し、1日の走行距離は100kmに限られている。

レッドブル・ホンダ RB15 画像ギャラリー

レッドブル・ホンダ RB15
レッドブル・ホンダ RB15 ②
レッドブル・ホンダ RB15 ③
レッドブル・ホンダ RB15 ④
レッドブル・ホンダ RB15 ⑤
レッドブル・ホンダ RB15 ⑥
レッドブル・ホンダ RB15 ⑦
レッドブル・ホンダ RB15 ⑧
レッドブル・ホンダ RB15 ⑨


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1