F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングは、2019年のF1エンジンパートナーとなるホンダの最近の進捗に“本当に励まされている”と語る。

ホンダは、2015年から3年間マクラーレンにF1エンジンを供給してきたがそのパートナーシップは崩壊。今季からトロロッソと新たなパートナーシップを開始して進歩を遂げ、2019年からはレッドブル・レーシングにもF1エンジンを供給していく。

レッドブル・レーシングは、ホンダとの関係を築くなかで、マクラーレンとは異なるアプローチを採っている。

マクラーレンは、ホンダに細かいことまで指示するアプローチを採っていたが、レッドブルはその反対のアプローチを採っていると語る。

レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「我々はマクラーレンとは反対のことをやってきた」と Sky F1 にコメント。

「我々は『最高のエンジンを作って、望んでいるラジエーターのサイズなどを教えてくれたら、我々がそれに合わせる』と言ってきた」

「我々はホンダがパッケージに力を入れられることを望んでいる」

レッドブル・レーシングは、ルノーとの12年間のパートナーシップを解消して、ホンダに変更することを決定。ホンダのF1エンジンがフェラーリやメルセデスが享受していると同じくらいのエンジンパワーを提供する可能性が高いと確信していると語る。

「我々は本当に多くの励みになる進歩を目にしている」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「毎月、彼らはメルセデスとフェラーリとのギャップを確実に縮めている。ホンダが遂げている進歩は本当に励みになっている」

「それはF1にとってもポジティブなことだ」

ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブルの2019年F1マシン『レッドブル・ホンダ RB15』は2月18日から始まるプレシーズンテストで始動する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1