F1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ルノーのF1パワーユニットにあと40kWのパワーがあれば、2018年のF1世界選手権は“かなり異なる”結果になっていたと考えている。

2018年、マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドはそれぞれ2勝を挙げており、フェルスタッペンは夏休み後に王者ルイス・ハミルトンに次いで誰よりも多くのポイントを獲得。ブラジルGPでエステバン・オコンとの接触がなければ、メキシコと2連勝を挙げる可能性もあった。

レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでルノーとの12年間のパートナーシップを終了し、2019年からホンダへとF1エンジンを変更する。

2018年後半のパフォーマンスを考えて、来シーズン、レッドブル・レーシングはホンダからどれくらい多くのものを必要としているかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「常に言うのは簡単なことだが、もし、クルマにあと40kW(約53馬力)あれば、シーズンはかなり違ったものになっていただろう」とコメント。

「間違いなくこれまでで最高のシャシーを造り上げてくれたミルトン・キーンの皆には脱帽だ。同じエンジンの他のユーザー(ワークスルノーとマクラーレン)を見れば、違った世界にいる」

レッドブル・レーシングはシーズン最後の数戦でルノーの最新スペックのエンジンを使用していたが、ホンダがF1日本GPから実戦投入した“スペック3”はルノーよりも先行していると主張する。

メルセデス、フェラーリ、ルノー、そして、ホンダが2018年を終えたパフォーマンスレベルで2019年シーズンをスタートした場合どうなるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「我々がはるかに近づけるのは確かだろう」とコメント。

「我々がどのようなことが進行しているかを見聞きしている。結果もひとつのことだが、ストップウオッチは決して嘘をつかない」

ホンダは、最終戦アブダビGPで来季トロロッソからレッドブルに移籍するピエール・ガスリーのエンジンが故障。最高のかたちでシーズンを締めくくることはできなかった。

ピエール・ガスリーのリタイアの原因はオイル漏れによるものだとされておるが、ホンダが原因でのリタイアは、2017年仕様のMGU-Hが故障した開幕戦オーストラリアGP以来のことだった。

F1イギリスGPでブレンドン・ハートレーがリタイアしているが、それはFP3でのサスペンショントラブルの結果、予選を走行できず、ピットレーンからスタートしたものの、アウトラップでデータに異常が検知されてのものだった。

クリスチャン・ホーナーは、“軌道は正しい方向に向かって”より、ホンダのF1アブダビGPでの故障は懸念していないとコメント。

また、ルノーの故障によって何度も後退を強いられたこともあり、ホンダには必ずしも完璧な信頼性が必要ではないと示唆した。

「信頼性は我々にはなかったことだ。今年11~12回くらいリタイアしている。それが我々の最大のアキレス腱だった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「ビッグチームのパワーと信頼性を達成することができればいい。ルイスとセバスチャンは1回ずつリタイアしている。そのレースが我々が達成を目指していることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル