F1 エイドリアン・ニューウェイ レッドブル・ホンダ
エイドリアン・ニューウェイが、2019年のレッドブル・ホンダの始動にむけて本格的にF1の舞台に復帰する。

近年、有名F1デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、F1の第一線から退き、アストンマーティンとレッドブルが共同開発するハイパーカー『ヴァルキリー』のプロジェクトに重点を置いていた。

しかし、新生レッドブル・ホンダの初年度となる2019年にむけて、F1の業務に本格的に復帰したとエイドリアン・ニューウェイは語った。

「アストンマーティンとのスーパーカーであるヴァルキリーは完成した」とエイドリアン・ニューウェイは Salzburger Nachrichten にコメント。

「私はそれに多くの時間を費やしてきた。だが、過去15ヵ月間、私は再びF1カーに集中してきた」

「我々には優秀なチームを率いるピエール・ワシェという優秀なテクニカルディレクターもいる」

エイドリアン・ニューウェイは、2019年のスタートするホンダとの新たなワークスプロジェクトの準備に取り組んでいるチームと忙しく仕事をしていくと語る。

「新しいシャシーへのインスタレーションは問題ないだろう」とエイドリアン・ニューウェイは語る。

「もちろん、ホンダにはルノー以外の要件があるが、それに合わせるのは大したことではない。より重要なことは我々がホンダと非常に良い関係を築いているということだ」

「彼らの成功のためにいどれくらい重点を置いているか、そして、彼らが費やしている努力に私は感銘を受けている」

「過去数年は非常にフラストレーションを感じていたが、我々は刺激的な時代へと向かっている。最高のマシンを持っているだけではワールドチャンピオンを獲得できないことを悲劇的なことだ」

レッドブルは、パドックで評価の高いトロロッソのテクニカルディレクターであるジョームス・キーを失うことになる。

しかし、エイドリアン・ニューウェイは「我々は共通パーツに関するルールに非常に注意を払っているし、尊重している。許可されている限り、意味のあることだ。だが、キーは少しネガティブになっているときがあった。それ以上は言いたくないがね」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル