F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダに変更することのリスクは低いと考えており、ワークス体制に興奮していると語る。

レッドブル・レーシングは6月19日(火)、かつてタイトルを4連覇したルノーとのパートナーシップを今シーズン限りで終了し、2019年からホンダと2年間のF1パワーユニット供給契約に合意したことを発表した。

ホンダとの契約はレッドブル・レーシングにとって初めての正式なワークスステータスとなる。それについてプレッシャーはあるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「ポジティブなプレッシャーだ」とコメント。

「我々には変更するオプション、もしくは今のままで留まるオプションがあった。過去数カ月でホンダが果たしてきた進歩を見直したり、トロロッソの進歩やトロロッソがホンダとどのように仕事をしているかを見ることで恩恵を得ることができた。それは本当にとても励みになったし、我々としては極めて低リスクと見なしている」

「もちろん、我々が興味を持っているもの、ポテンシャルは利点であり、ホンダのコミットメント、リソース、利用できる設備は我々にとって本当にエキサイティングなものだ。2つのチームで焦点を集中できることはレッドブルにとっては素晴らしいポジションだ。我々が将来に興奮しているのは確かであり、ホンダの同僚と仕事をするのを本当に楽しみしている」

ホンダとの次のプロセスについて質問されたクリスチャン・ホーナーは「説明したように、我々にはレッドブル・テクノロジーを有しているという構造がある。そこは事実上、エンジニアリングの中心であり、ホンダと一緒に多くのインターフェイスを持つことになる」とコメント。

「レッドブル・テクノロジーはすでにトロロッソにトランスミッションのコンポーネントを供給している。それは初期段階だ。もちろん、議論はすでに2019年に焦点を当て始めているが、我々が求めているコラボレーションの性質はかなり励みになっているし、感銘を受けている。それは本当にワクワクするものであり、我々はレッドブル・レーシングの新しい時代を楽しみにしている」

「我々は現在のパートナーと12年を過ごしたきたし、非常に多くの成功を収めてきた。我々はあらゆることを経験してきたが、この動きには適切なタイミングだった。チーム、そして、レッドブルにとってエキサイティングな時だと思う」

ホンダがF1カナダGPで投入したアップグレード版パワーユニットは、パフォーマンス面で向上を示しているものの、信頼性問題も発生している。

その件について質問されたクリスチャン・ホーナーは「ホンダの信頼性は過去にわたって・・・今シーズン、確実に大きく改善したと思う」とコメント。

「我々は現在のサプライヤーと我々独自の状況に関して快適に座っているわけではない。もちろん、パフォーマンスと信頼性はレギュレーションとともに両立させていなければならない部分だ。そこはホンダが非常に懸命に取り組んでいる部分であり、パフォーマンスを煮詰めてくれると確信している。我々は物事がかなり正しい方向に動いていると確信している」

「最終的にもちろん我々はモントリオールで導入されたエンジンの結果を見ることを待っていたし、結局のところ、我々にとってはエンジニアリング主導による非常にストレートで論理的な決定だった。我々の上級テクニカルグループに異論はなかったし、これが進むべき完全に正しい道であることは間違いのないことだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1