レッドブル F1 2010年 不参戦
トヨタとBMWザウバーに続き、レッドブルも2010年から導入される予算キャップに反対。F1撤退の可能性を示唆した。

FIAが提案した予算キャップでは、受け入れたチームと受け入れないチームとで2つのテクニカルレギュレーションが存在することになり、トヨタとBMWザウバーはすでにこのルールが強制されるのであれば、2010年のF1にエントリーしないとの態度を表明している。

レッドブルもこの「2段階」のF1になりかねない予算キャップを非難。2010年のエントリーを提出しない可能性を示唆した。

レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは、「現時点での条件では、来年チームを参戦させるわけにはいかない」と語る。

「現在のチームで残るのは、2〜3チームくらいだろう」

関連:F1 2010年 レギュレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル