レッドブル F1撤退
レッドブルは、自身がF1から撤退する場合は、姉妹チームのトロ・ロッソも道連れとなるようだ。

レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは、F1からの撤退する場合、2チームの1000人以上のスタッフの新しい仕事を保証しているという。

「ニュースがないのは、良いニュースかもしれない」とレッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは述べた。

しかし、 Times は、ディートリッヒ・マテシッツが「F1からの早期撤退をとどめているのは英国とイタリアのスタッフの将来だけだ」と認めてたと報道。

レッドブルは、新しいエンジンパートナーを見つけられずにいるが、トロ・ロッソは2015年型のパワーユニットの供給を受ける契約をフェラーリと結ぶ準備ができているようだ・

だが、ヘルムート・マルコは、そのような契約を除外。レッドブルがF1から撤退するのであれば、トロ・ロッソも撤退すると主張した。

「私は(フランツ)トストの考えはわからないが、レッドブルとトロ・ロッソのひとつの全体論のソリューションのみが明らかになっている」とヘルムート・マルコは Auto Motor Sport に述べた。

ヘルムート・マルコは、解決策が見つかる可能性をパーセントで見積もるつもりはないし、「我々は何度か近づいたが、何も起こらなかった」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | トロロッソ