F1 キミ・ライコネン フェラーリ
セバスチャン・ベッテルがフェラーリを去った場合、キミ・ライコネンの復帰がフェラーリにとってのプランBかもしれないと Circus F1 が報じている。

セバスチャン・ベッテルは、過去2シーズンでルイス・ハミルトンとのタイトル争いに敗れており、今年は10戦を終えた時点ですでに100ポイント差をつけられている。

名目上フェラーリのナンバー1ドライバーであるセバスチャン・ベッテルだが、F1イギリスGPでまた根本的なミスを犯したことでフェラーリの地元イタリアメディアの支持を大きく失っている。

今年もフェラーリによる戦略の甘さ、SF90の最適化への苦労、そして、セバスチャン・ベッテルの継続的なミスが悪い方向へと絡み合い、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ、そして、F1での将来に疑問符がつけられている。

勝利を奪われることになったF1カナダGPの裁定の後、セバスチャン・ベッテルは現代のF1への不満を露わにしてF1引退が囁かれたが、少なくとも2020年末までのフェラーリとの契約を全うするつもりだと語っている。

セバスチャン・ベッテルがフェラーリを離れた場合、2007年以来、ワールドチャンピオンのいないラインナップになる可能性がある。しかし、その解決策としてキミ・ライコネンがフェラーリに復帰すると Circus F1 は報じている。

キミ・ライコネンは、今年シャルル・ルクレールと入れ替わる形でアルファロメオ・レーシング(ザウバー)に移籍。2020年末まで契約を結んでいる。

フェラーリとアルファロメオ・レーシングと技術面で密接な関係を結んでおり、最近ではアルファロメオ・レーシングでテクニカルディレクターを務めていたシモーネ・レストが、今月末にチームを去り、元の雇用主であるフェラーリに復帰とされている。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、かつての教え子であるセバスチャン・ベッテルがF1キャリアを軌道に戻すためには“チームを変える”必要があると考えている。

「自信がなくなったときにミスを犯すものだ。それは潜在意識のなかで起こる」とヘルムート・マルコは語る。

セバスチャン・ベッテルはレッドブルへの復帰も噂されている。

レッドブルのチームマネージャーを務めるジョナサン・ウィートリーは「セバスチャンは非常に頭が良く、敏感で、心が温かい男だ」と語る。

「彼が妻と子供をどれだけ愛しているかがそれを物語っている。シルバーストーンでのチャーリー・ホワイティングを称えたスピーチも素晴らしかった」

「彼はミハエル・シューマッハやフェルナンド・アロンソのように常にパフォーマンスをできるほどタフな男ではない。セバスチャンは無条件のサポートを感じなければならないドライバーだ」

「レッドブルで彼はそれを持っていた。おそらくフェラーリではそれを持っていないのだろう」

ヘルムート・マルコは、フェラーリを去ることがセバスチャン・ベッテルが起動に戻るための唯一の方法であるかもしれないと語る。

「セバスチャンは別の環境にいる必要がある。言い換えれば、チームを変えるということだ。だが、2020年はどうにもならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | フェラーリ | セバスチャン・ベッテル