FIA、レーシング・ポイントのF1マシンとメルセデスの設計データを照合
レーシング・ポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、FIA(国際自動車連盟)がチームのファクトリーを訪れ、新車RP20をメルセデスのデザインと照合し、その結果に満足していたと語る。

レーシング・ポイントF1チームの2020年のF1マシン『RP20』は、メルセデスが2019年にダブルタイトルを獲得した『W10』に酷似しており、プレシーズンテストで大きな話題となった。

パドックのインサイダーはレーシング・ポイント RP20を“ピンク・メルセデス”と揶揄するとともに、その合法性に疑問を投げかけた。

2020年のF1オーストラリアGPがキャンセルになる前にはライバルチームが抗議するとの噂が広まり、実際、ルノーは将来、法的に異議申し立てを行うことを除外していないと語っていた。

しかし、アンディ・グリーンは、新車RP20はFIAからお墨付きをもらっていたと語る。

「彼らが何を根拠に抗議することを考えているか我々には本当にわからない」とアンディ・グリーンは言った。

「マシンを発表したとき、我々はFIAにそれについて話をした。FIAはファクトリーにやって来て、我々が行ったこととマシンのデザインを確認した」

「彼らは、昨年のメルセデスのマシンの設計データを取り出して、私たちのものと比較してチェックしていた。彼らは徹底的なチェックを行った」

「そして、彼らは私たちがコースに出したマシンが我々によって設計されたことに完全に満足している」

「メルセデスにいくつかの類似点があるかもしれないが、ただ似ているだけだ。同じではない。したがって、そこに抗議する根拠はない」

「彼らは好きなだけ叫ぶことができるが、彼らが実際に叫んでいるのは、彼らがトリックを逃したという事実だと思う。そして、それが彼らが腹を立てていることだ」

FIAは、アンディ・グリーンのコメントを認めている。

レーシング・ポイント RP20は、ローレンス・ストロールのコンソーシアムがフォース・インディアを買収してリソースを増やし、完全に設計された最初のレーシング・ポイントのF1マシンとなる。

RP20は、メルセデスが長年展開してきたローレーキ哲学を特徴としている。レーシングポイントは、長年にわたって採用してきたレッドブルに触発されたハイレーキのアプローチを放棄した。

ハイレーキは、レーシング・ポイントがメルセデスから購入しているローレーキにフィットしたギアボックスを統合するための設計上の重大な妥協を意味していた。

「2020年に何かを持ち越す義務はなかった。それまでは、我々がいた財政状況のに応じて、常にマシンのかなりの割合を引き継ぐことには大きなプレッシャーがあった」

「常に大きなキャリーオーバーがあったが、今年は初めてクリーンなメルセデスから購入するものを最適化できるシートがあった」

「そして、それはとても論理的に見えた。なぜそれと対抗するのか? なぜ彼らが実行してきたこのコンセプトと我々が採用したコンセプトに対抗するのか、そこから2つをに分けて調整するのか?」

「それは明らかにキャリーオーバーのない完全に新しいマシンを意味する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント / メルセデス / FIA