ピレリF1責任者、マックス・フェスタッペンのタイヤマネジメントを称賛
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、レッドブル・ホンダのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンのレース中のタイヤマネジメント能力を称賛した。

マリオ・イゾラは、2020年のパフォーマンスに関して、フェラーリのシャルル・ルクレールとF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンの名前も挙げ、ドライバーのスキルがF1の技術面で重要な要素になっていることを証明したと述べた。

「我々は世界で最高の20人のドライバーについて話している。彼らが素晴らしいスキルを持っていることは明ららだ」とマリオ・イゾラは RacingNews365.com に語った。

「すべてのドライバーには独自のドライビングスタイルがある。タイヤをどこまでプッシュことができるかを正確に知っていれば、ドライバーは違いを生むことができる」

「マックス(フェルスタッペン)は、その点で素晴らしいドライバーだ。ルイスは確実にそうだが、シャルルもタイヤマネジメントが非常に優れている」

マリオ・イゾラは、マックス・フェルスタッペンの能力は、レッドブル・レーシングでの初シーズンとなった2016年終盤のウェットレースで目を引いたと語った。

「数年前のブラジルでマックスに感銘を受けた。ウェットトラックでの彼のパフォーマンスは素晴らしかった」とマリオ・イゾラは回想した。

「コンディションは誰にとっても同じだったが、彼は信じられないほどうまく運転した。レッドブルのマシンは雨天に適していたのかもしれないが、それでも彼の走りは信じられないほどだった」

また、マリオ・イゾラは、マックス・フェルスタッペンが、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスを相手に見事な勝利を収めた2020年のシルバーストンでのF1 70周年記念GPにおけるドライコンディションでの走りも強調した。

「昨年のシルバーストンでは柔らかいタイヤを選んだが、彼は良かった」とマリオ・イゾラは指摘し、マシン自体もタイヤ管理において重要な役割を果たしていることを認めた。

「マシンはタイヤを長持ちさせるための重要なツールだ。何とも言えないが、メルセデスのマシンの方がタイヤで少し厳しいかったかもしれない。メルセデスのドライバーがその日の残りのドライバーよりも劣っていたとは言えない」

マリオ・イゾラは、ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレス、ランス・ストロールとともに、2020年に新型コロナウイルスに感染したF1の主要人物の1人だった。

マリオ・イゾラは、パンデミックにもかかわらず、F1が完全な17戦のシーズンを成功裏に終わらせることができたことに驚いたと述べた。

「3月を振り返れば、奇跡のようなものだ」とマリオ・イゾラは語った。

「最初は本当にちょっとした悪夢だった。生産、タイヤの配送方法についてというわけではなく、コース上での状況の管理方法について話している。ウイルスは完全に未知のものだった」

「たとえば、最初のロックダウンの間、イタリアの状況は非常に複雑だった。利用できる新型コロナウイルスの検査はあまりなかった」

最終的に、FIA(国際自動車連盟)は、F1パドックで働くすべての人を可能な限り保護するための安全プロトコルを実装することができた。

「誰もがそれに貢献してくれたし、最終的にかなり良い手順だったと思う。陽性のケースはあったものの、チャンピオンシップは継続し続けることができた」とマリオ・イゾラは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン