ピレリの2020年06月のF1情報を一覧表示します。

2020年シーズンはF1ドライバーごとのタイヤ選択制の廃止が決定

2020年6月21日
2020年シーズンはF1ドライバーごとのタイヤ選択制の廃止が決定
2020年のF1世界選手権の週末に配分する3つのコンパンドについて各ドライバーがそれぞれのタイヤ数を選択することができないことが正式に決定した。

ピレリは、各グランプリ週末に3種類のドライタイヤを用意しており、F1ドライバーは、練習、予選、レース自体で合計13セットを使用できる。

F1:ピレリ、序盤8戦のコンパウンドを発表…イギリス2連戦は異なる選択

2020年6月12日
F1:ピレリ、序盤8戦のコンパウンドを発表…イギリス2連戦は異なる選択
ピレリは、2020年のF1世界選手権の序盤8戦のタイヤコンパンド選択を発表。イギリスでの2連戦では異なるコンパンドを配分するというひねりが加えられた。

新型コロナウイルスの影響によって開幕10戦が延期・中止となっていた2020年F1世界選手権だが、7月5日にオーストリアのレッドブル・リンクでいよいよ再開。翌週もレッドブル・リンクで第2戦が開催される。

メルセデスF1 「18インチタイヤでF1マシンは最大2秒遅くなる」

2020年6月10日
メルセデスF1 「18インチタイヤでF1マシンは最大2秒遅くなる」
メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、2022年にF1に導入される新しい18インチタイヤによってF1マシンはラップあたり最大で2秒遅くなると予測している。

18インチタイヤへの切り替えは元々は2021年のF1シーズンから導入される予定だった。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックによって新しい技術規則の導入が1年延期されたことで、F1マシンはもう1年13インチタイヤで走ることになった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム