ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1が選手権4位になった理由が理解できる」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームとの初仕事となったアブダビテストを振り返り、第一印象は予想よりもさらに良かったと語る。

アルファタウリと2023年まで契約を結んでいたピエール・ガスリーだったが、レッドブル・レーシングへの昇格の見込みは低く、ニック・デ・フリースという後任が見つかったことから、レッドブルは、フェルナンド・アロンソの移籍によってできたアルピーヌF1チームの空席を獲得できるようガスリーをリリースすることを決定した。

日曜日にレースを終えたヤス・マリーナ・サーキットでアルファタウリとアルピーヌの車とすぐに比較できたピエール・ガスリーは、マシンだけでなく、アルピーヌF1チームの運営方法について多くの長所があることに気づいたと語る。

「予想よりもさらに良かった」とピエール・ガスリーは語った。

「過去5 年間、僕は1 つの環境に身を置いてきたけど、これまでのところ、このチームで膨大な経験を目にすることができている。エンジニアリングオフィス内のトップエンジニアだけでなく、ガレージ内でもね」

「まだ彼らの働き方のすべてを見たわけではない。エンストンに行って、彼らが持っているすべてのツールと設備を確認する必要があるけど、この初日にアプローチする方法には非常に感銘を受けた」

「彼らが僕を歓迎してくれた方法もね。2日前にそれぞれの以前のチームとドライバーとレースをしていたところに新しい人が入ってくるのは決して簡単なことではない。かなり早く進んだけど、彼らは可能な限り最善の方法で僕を歓迎してくれた。今後が本当に有望だし、休暇に入る前にとてもワクワクしている。とても満足している」

ピエール・ガスリーは、テストで130周を完了し、カルロス・サインツ、シャルル・ルクレール、ロバート・シュワルツマンのフェラーリ トリオに次ぐ全体で 4 番目に速いタイムを記録。アルピーヌのF1マシンを限界までプッシュするのにそれほど時間はかからなかったと語る。

「とても満足している」とピエール・ガスリーは語った。

「非常にポジティブな驚きだったし、すべてがとてもスムーズに進んだ。適応はかなりうまくいった。完全に新しい環境、完全な新しい車を変更するのは初めてなのでオープンマインドで来たし、最初はすべてが違うと感じた」

「でも、僕たちは望んでいたすべてのものを手に入れることができた。すぐにクルマを快適に感じることができたし、彼らがチームのチャンピオンシップで 4 位になった理由が今では理解できる。それはすべて僕にとって理にかなっている。これから何が起こるのかとても楽しみだ」

また、ピエール・ガスリーは、今年のアルピーヌF1チームの車の魅力的な特徴を挙げ、2023 年にも同様に競争力のあるマシンを手に入れたいと語る。

「彼らは中速コーナーと低速コーナーでかなり強力なフロントグリップを持っていると思う。それは僕が今シーズン取り組んで、求めていたものだ」とピエール・ガスリーは語った。

「すぐに、クルマの最初のいくつかのフィーリングと、それを使って何ができるか、どのくらい回転するか、どのくらいのポテンシャルを持っているかを把握し、すぐにそのポテンシャルを理解できた」

「とてもうまくいった。彼らと一緒に本格的に作業した初日でもあった。主なポイントは、エンジニアとの作業を開始し、ガレージのメカニックと知り合い、エンジニアリング ルームの全員とドライバーとして僕が必要としているものを同じ言語を話せるようにすることだった。オーバーステア、アンダーステア、僕のすべてのフィードバックが意味するものをね。そこはとってもポジティブだったしで、ガレージ内で見たものにはとても満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルピーヌ