ピエール・ガスリー 「戦略に納得いかない。ビッグチャンスを逃した」 / スクーデリア・アルファタウリ F1シンガポールGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝を10位で終えた。

7番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、第1スティントでそのポジションをキープしていた。しかし、路面が乾き始めているコンディションのなか、チームは32周目にミディアムタイヤに交換するというギャンブルに出た。

だが、まだ路面はスリックタイヤでグリップを得るには濡れすぎており、ピエール・ガスリーは苦戦。最終的に10位でラインを通過した。

「今日のレースには非常に落胆している。僕たちが手にするべき結果ではなかった」」とピエール・ガスリーはコメント。

「ランド(ノリス)の後方、アストンマーティン勢の前方で素晴らしいレースができていたけれど、早めのピットインで大きなリスクを取ったことで、いくつか順位を落としてしまった。なぜこの判断をしたのかについては完全に納得できていないので、すべてを振り返ってミスから学ぶつもりだ」

「間違いなく取れていたはずのポイントを落としてしまったのでかなり悔しい。チャンピオンシップでの順位争いにおいては特にね。順位を上げるビッグチャンスがあったのに逃してしまった」

ピエール・ガスリー スクーデリア・アルファタウリ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1シンガポールGP / アルファタウリ