アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「前進するために一歩引いて全体像を見る必要がある」
ピエール・ガスリーは、2022年F1シーズン後半に前進する方法を理解するために、スクーデリア・アルファタウリは「一歩離れて見る」必要があると考えている。

スクーデリア・アルファタウリは、シーズン前半にミッドフィールドでの戦いで苦戦し、現在、コンストラクターズランキングで27ポイントを獲得し、9位のアストン マーティンにわずか7ポイント差の8位につけている。

ピエール・ガスリーは、レッドブルの姉妹チームであるスクーデリア・アルファタウリが、より大規模なチームと比較して、所有する施設が不足している可能性があることを認めるが、チームにはまだ十分なリソースがあると感じており、2022年これまで、ライバルの一部に負けた理由について彼を混乱させている。

「フェラーリ、メルセデス、レッドブルのような大規模チームと比較すれば、僕たちは彼らが過去10年間に何を築いてきたかを知っている」とピエール・ガスリーは語った.

「彼らの方が、施設、人材、リソースでより効率的だ。でも、同時にアルファタウリには非常に優秀な人材がいて、競争力を高めるための適切なツールもあると思う」

そのため、ピエール・ガスリーは、スクーデリア・アルファタウリがシーズン前半に後退した理由を理解するために、全体像を見る必要があるかもしれないと考えている。

「正直に言うと、ミッドフィールドで他のチームよりも苦戦しているように見える理由について、完全な答えは持っていない。なぜなら、チームのコアで何かが欠けているとは思わないからだ」とピエール・ガスリーは語った。

「だからこそ、状況全体、全体像、空力的に何をしているか、どの方向に進んだか、どのように予算上限を使用することにしたかなど、少し一歩離れて見る必要があると思う」

「シーズンの初めから、僕たちがすでにかなりの限界に達していることを知っているからね。それが主な理由か? 完全にはわからないけど、プッシュを続けて、今後数週間にわたってより大きな開発項目を見つけることができることを願っている」

F1が夏休みから戻ってくると、2022年シーズンは残り9レースとなる。ピエール・ガスリーは今後のグランプリを楽しみにしており、スクーデリア・アルファタウリが前進できることを期待している。

「後半戦はとても好きだ。いろいろなフライアウェイや興味深いトラックが登場する」とピエール・ガスリーは説明。

「僕たちの側では、夏休みがあることは実際には良いことだと思うし、この時間を使えるのは良いことだ。まずはスイッチをオフにするが、それから本当に集まって、パッケージで起こっていることすべてを理解していく。今年はミッドフィールドのトップに近づいていると思う」

「僕たちはそこにいなかったけど、パフォーマンスの兆候はいいけど、他の人たちがの方がより大きなギャップを作ったように見えるし、それについていくことができなかった」

「僕たちは協力していく。僕はチームと一緒に何を達成できるかを知っている。僕たちには本当に良い人材がいることを知っている。これからその知識とスキルをトラックのラップタイムに実際に投入するための解決策を見つけることが重要だ」

ピエール・ガスリー F1 スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ