ピエール・ガスリー 「レッドブルF1からの降格はその後の成功に役立った」
レッドブル・レーシングからの降格を経験したピエール・ガスリーは「3年前よりもピエールよりも優れている」と断言する。

ピエール・ガスリーは、トロロッソで2シーズンを過ごした後、2019年にレッドブル・レーシングにステップアップを果たしたが、わずか12戦で非情にもトロロッソへの降格を通告された。

当時、その降格はピエール・ガスリーの自信を打ち砕いたが、それ以来、彼はスクーデリア・アルファタウリのシニアメンバーであり、グリッド上で才能のあるドライバーの1人としての地位を確立した。

レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスと2024年まで契約を更新したことで、ピエール・ガスリーは、マクラーレンのような別のチームに移籍する準備ができているかもしれないという憶測さえあったが、2023年はスクーデリア・アルファタウリで戦うことをコミットしている。

降格がキャリアのターニングポイントだったか、そして、それが彼をどれくらい変えたか質問されたピエール・ガスリーは「かなりね」と Motor Sport podcastで語った。

「何がうまくいかなかったのか、何をもっとうまくできたかを常に疑問視する必要があるし、失敗や課題から、あるいは成功からさえも、常に多くのことを学ぶものだ。どうすればもっとうまくやれただろうか? どうすれば物事をうまく管理できただろうか?」

「レッドブルでは、自分がコントロールできるものもあれば、自分のコントロールできないものもあった。そして、ご存じの通り、僕はコントロールフリークでもある。理解する必要があり、透明性が必要であり、何が起こっているのかを認識する必要がある」

26歳のピエール・ガスリーは、すべてのドライバーは異なっており、レッドブル・レーシング在籍中に必要なものを手に入れることができなかったと語った。

「僕たちはすべてのドライバーがすべて異なっていることを知っている、そして、僕たちは自分の最高の状態であるために特定の環境と労働条件を必要としている」とピエール・ガスリーは語った。

「いつも言ってきたけど、何が起こったのかを詳しく説明したくはない。特定の事柄は完全に秘密にしなければならない。ヘルムート(マルコ)、クリスチャン(ホーナー)、レッドブルとたくさん話をしたし、何が起こったのかははっきりとわかっていると思う」

「それを受け入れるかどうかは別の質問だけど、それは非常に明確であり、それについて僕たち両方の間に問題はないと思う」

「ずっと良くなっていると思うか? 確実にそう思うよ。でも、今、それについて話してもあまり意味はない。正直なところ、某にとってはとても昔のことだ。それ以来、僕はモンツァで優勝し、トロロッソとブラジルを表彰台でフィニッシュし、昨年はアルファタウリで表彰台を獲得した。だから、そのような状況から生まれたポジティブな点はたくさんあると思う」

ピエール・ガスリーによると、レッドブル・レーシングからの降格は彼に新たな意欲を与え、それが彼のキャリアで成功を収めるのに役立ったという。

「それは僕にモチベーションを与えた。それ以来、私が没頭してきた仕事は素晴らしいものだった。多くの人が僕が終わったと思っていたので、その後に自分が達成したことにも本当に満足している」

「それは僕との仕事のやり方ではない。僕はいつも自分の人生で望んでいるすべてのために戦ってきたし、目の前に障害物を置かれると、後ろに下がって、物事をそのまま受け入れるような人ではない」

「僕は自分が欲しいものすべてのために戦う人だ。僕は客観的だ。誰も完璧ではない。常に鏡の中で自分自身を見て、客観的な視点で自分自身をより良くする方法を理解する必要がある。それが僕が毎日していることだ。それが僕のモチベーションだ」

「今日のピエールは、3年前のピエールよりも優れているけど、3年後のピエールよりは劣っている」

「自分の時間が来ることは知っている。。そして、僕たちその機会を得るだろう。その機会を得ることができれば、それを機能させられることを100%知っている。それが重要なことだ。自分を研ぎ続け、働き続け、そして、その時が来るのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ