F1:ピエール・ガスリー 「角田裕毅は一日中奇妙なことをしている(笑)」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、チームメイトの角田裕毅との関係について語った。

ピエール・ガスリーは、2019年の夏にレッドブル・レーシングからトロロッソに降格されて以来、着実にパフォーマンスと結果を積み重ね、アルファタウリF1で定評のあるリードドライバーになった。

そして2021年には、F2からステップアップしたホンダの支援を受ける日本人ドライバーの角田裕毅という新しいチームメイトを迎えた。

角田裕毅はデビューシーズンに苦戦したが、それ以上にキャラクターでファンから愛されている。下品なワードにピー音が重なる無線メッセージで定期的に国際映像に乗り、インタビューでは食べ物を愛していることがかなり一般的なテーマだ。

角田裕毅は、F1で最も大きなキャラクターの1人であり、チームメイトとして彼と一緒に働いているピエール・ガスリーもそれを認める。

Redditからの質問に答えたアルファタウリF1のビデオで、チームメイトとして角田裕毅の気に入っている点について質問されたピエール・ガスリーは「まあ、裕毅のチームメイトになることについてはポジティブで面白いことがたくさんある」と答えた。

「まずポジティブなことは、とにかく彼のワンマンショーだね。文字通り一日中想像できる最も奇妙なことをしている」

「よく分からないけど、それが彼のやり方だ。彼はとにかく面白いキャラクターだ」

「フィルターがなければ、インタビューによってはかなり困った部分もあるけど、それが僕たちが彼を愛している理由だ」

さらにピエール・ガスリーは、F1ドライバーとして、F1マシンを運転するのがどれほど難しいかを人々に説明することが最大の課題の1つであるとし、「裕毅に対処することも大変なことだ」と付け加えた。。

ピエール・ガスリーにとって幸運なことに、彼は角田裕毅のもう1シーズンをチームメイトとして迎えている。

アルファタウリF1は、2022年F1マシン『AT03』を2月14日(月)の日本時間20時に発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / 角田裕毅