ピエール・ガスリー、縁石でフロントウイング脱落も「大きな懸念はない」 / アルファタウリ・ホンダ F1ロシアGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、2021年F1ロシアGPのフリー走行2回目の終了間際に縁石に接触してフロントウイングが脱落。取り急ぎ大きな懸念はないが、設計を見直す必要があるかもしれないと語った。

フリー走行2回目に3番手タイムを記録したピエール・ガスリーだが、FP2の終了間際に“バナナ”縁石を横切った際にフロントウイングが脱落。

ピエール・ガスリーは、縁石への接触が損害を引き起こしたことは驚くべきことであり、アルファタウリ・ホンダはフロントウイングの設計を“修正”しなければならないかもしれないと認める。

「僕たちのフロントウィングは非常に壊れやすいようだ」とピエール・ガスリーは語った。

「モンツァでのダニエル(リカルド)との接触で1つ失ったし、バーレーンでも壊れた。(角田)裕毅もモンツァで1つ失っている」

「少しアンダーステアだったので、マシンの真ん中を縁石にヒットさせるつもりだった。もっと良くなるだろうと考えていたし、フロントウイングの裏側を空けていた。最終的にはフロントウィング全体が外れた。そのために何かできるかどうかを確認する必要がある。でも、大きな懸念はない」

「このようなケースで、バナナはマシンを破壊するようには作られていない。遅くするためだけにある。少し驚いた」

ポジティブな点は、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンのメルセデス勢に次ぐ3番手でFP2を終えたことだが、土曜日は雨が予想されるため、日曜日のレース前にドライ走行ができる可能性はほとんどない。

パフォーマンスは現実的なものかと質問されたピエール・ガスリーは「励みになると思う」とコメント。

「午前中は6番手で、午後は3番手だった。 明日とコンディションに関して、週末の残りで何が起こるかは明らかだ。今日、強力なタイムを出せたのは本当に良いことだと思う」

「それほど簡単ではなかった。いつものようにマシンを快適に感じていなかった。やるべきことはかなりたくさんある。でも、それは誰にとってもかなり難しいことだと思う。週末の残りの有望だし、両方のセッションで力を発揮できたことをうれしく思う」

マックス・フェルスタッペンがPUペナルティのためにグリッド最後尾からスタートすることで、2人のメルセデスドライバーの後ろにある3番目の表彰台スロットが開いた可能性がある。

「彼らは後ろからスタートするので、それは常により多くのチャンスをもたらす」とピエール・ガスリーは語る。

「僕たちは、彼らがレースペースで通常どれだけ速く追いつくかを知っている。それでも、僕たちは上位グリッドからスタートする良いチャンスがあると思うし、いくつかの良いポイントを獲得できるかもしれない。そこは週末の残りの励みになる」

ピエール・ガスリーは、スプリント予選でのクラッシュに続いて決勝で早期リタイアを喫したモンツァでの悲惨な週末から立ち直ることを決意している。

「チーム全体にとって、大きな失望だったと言わざるを得ない」とピエール・ガスリーは語った

「僕たちみんなのホームレースで、裕毅もレースに出場できなかったし、僕は1周後にリタイアした。だから、明らかに大きな失望だった」

「振り返ってみると、セーフティカーやクラッシュなどが発生して、レースがどのように展開したかを見ると痛手だ。でも、スピードはあるし、フェラーリの前の6位で予選を通過した。実際、非常に速いし、プールに新しいエンジンがある」

「だから、最終的に報酬を受け取らなかったのは痛かったとしても、まだポジティブな点はたくさんある」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / F1ロシアGP / アルファタウリ