ロス・ブラウン 「ピエール・ガスリーはアルファタウリF1には勿体ない」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングで2回目のチャンスを得られない場合、アルファタウリのドライバーとしてレッドブルに留まっているには“勿体ない”ドライバーだと考えている。

ピエール・ガスリーは、F1オランダGPで4位フィニッシュを果たし、アルファタウリの連続ポイント記録を16戦に伸ばすとともに、ドライバーズ選手権でランキング8位に順位を上げた。

ピエール・ガスリーは2019シーズンの前半をレッドブル・レーシングで戦ったが、2017年後半にデビューして以来、残りのF1キャリアをトロロッソ/アルファタウリで過ごしている。

レッドブル・レーシングは、2022年にマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスとの契約を更新しており、ピエール・ガスリーは来季もアルファタウリに留まることが決定している。

しかし、ロス・ブラウンは、F1でのピエール・ガスリーの最近のフォームは、ミッドフィールドのアルファタウリF1に留まっているには勿体ないと考えている。。

「ピエールはF1で成長しているファンクラブを獲得している。私は自分自身をメンバーとして数えるだろう」とロス・ブラウンはF1オランダGP後のコラムで語った。

「レッドブルによって彼らのワークスチームから落とされた後、彼はそのような困難な打撃から立ち直り、初優勝を飾り、ワークスチームほど良くないマシンで一貫してそして強力なパフォーマンスを発揮しているのは素晴らしいことだ。彼がコミットし続けているのは本当の功績だ」

「将来、彼に何かが起こるだろう。レッドブルのワークスチームに戻る機会が来なければ、彼はファミリーに留まっているわけにはいかない。そうするには彼は良すぎると思う」

「ある段階でチャンスが訪れると思う。彼は素晴らしい仕事をしている」

ピエール・ガスリー、アレクサンダー・アルボン、そして、現在のチームメイトであるセルジオ・ペレスも、マックス・フェルスタッペンのレベルに到達することに苦労している。

ロス・ブラウンは、マックス・フェルスタッペンとチームを組むドライバーは誰でも難しい仕事に直面すると考えている。

「誰もマックスと同じチームでしっくりきていない」とロス・ブラウン語った。

「それは複合的な効果です。私はミハエル・シューマッハと彼のチームメイトでもそれを目にした」

「同じチームの2人のドライバーの違いは小さいかもしれないが、どういうわけか、本当に例外的なドライバーとのギャップを埋めることができないという欲求不満によってそれは倍増する」

「あまりにも一生懸命に努力したり、過剰に補償しようとすることになり、それがドライバーを押し戻す」

「我々はピエールとアレックスでそれを目にした。そして、セルジオでそれを目にしている。マックスはとにかく例外的であり、同じチームのドライバーとそれを受け入れるのは難しいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ