ピエール・ガスリー 「レッドブルF1から降格された頃とは異なるドライバーになった」
ピエール・ガスリーは、2019年F1シーズン途中に降格させられたレッドブル・レーシングのシートに戻りたいという意思を公然と表明した。

ピエール・ガスリーは、2019年にルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢されたが、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに匹敵することができず、わずか12戦で当時のトロロッソに戻され、アレクサンダー・アルボンが彼に代わって起用された。

シーズン途中の降格は悪影響を与えると予想されたが、実際にピエール・ガスリーはグリッドで最強のドライバーのひとりに成長し、降格以来、トロロッソ/アルファタウリで優勝、2位、3位と3回の表彰台フィニッシュを達成している。

しかし、アルファタウリでの成果にもかかわらず、ピエール・ガスリーはまだレッドブル・レーシングでの2度目の挑戦に戻ることを望んでいることは明らかだ。

「それが可能になると確信している」とピエール・ガスリーは Sky Sports F1 に語った。

「しかし、そのためには意志がなければならない。僕サイドには意志がある。僕は競争力のあるクルマに乗りたい。僕は表彰台、勝利、そして、チャンピオンシップのために戦いたい」

「今後数週間から数か月の間に僕の将来がどのようになるかについて話し合われると確信している。レッドブルの場合、アルファタウリの場合、または他のどこかであってもね」

ピエール・ガスリーは、レッドブル ファミリーを去って、フランスのアルピーヌに移籍するとの噂もあった。しかし、その扉は今のところ閉鎖されており、最近、エステバン・オコンは新しい3年間の契約に署名し、フェルナンド・アロンソは2022年シーズン終了するまチームと契約を結んでいる。

しかし、ピエール・ガスリーは、F1グリッドの他のチームから連絡を受けたかどうかを明らかにしなかった。

「それを言うつもりはない!」とピエール・ガスリーは語った。

「質問してみることはできるけど、明らかに現時点での僕の状況はレッドブルとともにあることはかなり明確だし、最終的には彼らの決定になる」

「僕は彼らに自分がそのシートに値することを示すために最善を尽くしている。過去2年間にミッドフィールドカーで3回表彰台を獲得しているし、多くのドライバーがそれを達成できたとは思わない」

レッドブル側には、ピエール・ガスリーに2度目のチャンスを与えることに抵抗があるかもしれないが、自分は最初にシートに昇格したドライバーとは違うドライバーになったと感じているとガスリーは語る。

「今はレッドブルにいたときとは少し違う」とピエール・ガスリーは振り返った。

「僕はより多くの経験を積んでいる。チーム、マシン、そして、自分自身に必要なものについてより明確なアイデアを持っていると思う」

「それから、反対側では、チームは僕が必要とするすべてのものを僕に与えて、競争力をつけるように求めている」

「レッドブルとは、いろいろ考えてみても非常に短かった。機能させるための時間があまりなかった。明らかな問題があったし、僕たちが抱えているすべての問題を解決する時間はあまりなかった」

「彼らと一緒にそれを機能させることは可能だと確信しているけど、現時点では彼らと一緒に運転するかどうかは問題ではない」

「私はこのチームで3つの表彰台を獲得したし、将来何が起こるかを見ていく。これまで誰もそれをしていない。個人的には、より一貫して表彰台を目指して戦いたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1