F1
ピエール・ガスリーは、まだレッドブル・ホンダのF1シートを取り戻すことを諦めていないと認める。

昨年、レッドブル・ホンダのF1ドライバーとしてシーズンを迎えたピエール・ガスリーだが、期待された成績を残すことができず、シーズン途中にトロロッソ・ホンダに降格。しかし、F1ブラジルGPで2位表彰台を獲得するなどパフォーマンスを取り戻して見せた。

今年、新生アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーとしてシーズンを迎えるピエール・ガスリーは、まだレース優勝とタイトル獲得という夢を諦めてはいないと語る。

「それについて話すのは時期尚早だけど、もちろん、手に入れられる最速のマシンに乗りたい」とピエール・ガスリーは Auto Bild に語った。

「でも、今の僕の頭とエネルギーは完全にアルファ・タウリにある。僕たちの前には多くの仕事がある」

また、ピエール・ガスリーは、レッドブルに降格されられた理由を振り返りたくないと語る。

「昨年は多くの不幸な瞬間があったけど、それが起こったのだ。過去を変えることはできないし、僕にできるのは未来に影響を与えることだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ