F1 ピエール・ガスリー ホンダF1
ピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダは来週末のF1モナコGPでフェラーリを倒すことができると考えているが、メルセデスは手の届かないところにいると考えている。

今年トロロッソからレッドブルに移籍したピエール・ガスリーは、ゆっくりではあるがレッドブル・ホンダ RB15に適応することができていると語る。


「ドライビングスタイルを少し変えてし、クルマに投入された新しいパーツも助けになっている」とピエール・ガスリーは語る。

前戦F1スペインGPでは、マックス・フェルスタッペンがフェラーリの2台を倒して3位表彰台を獲得した。ピエール・ガスリーは、F1モナコGPではマックス・フェルスタッペンに加わり、フェラーリを倒すことを目標にしたいと語る。

「僕たちはフェラーリを倒すチャンスがあると思っている」とピエール・ガスリーは語る。

しかし、メルセデスに関してはレッドブル・ホンダの手の届かないところにいると考えている。

「客観的に見ても彼らのペースは大きく前進したと思う」とピエール・ガスリーはコメント。

「彼らは僕たちやフェラーリよりもはるかに速いと思う」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコもメルセデスがスバ抜けて速いとするピエール・ガスリーの見解に同意する。

「低速コーナーでメルセデスがどれくらい速いかについての不安になった。モンテカルロはほぼすべて低速コーナーだ」とヘルムート・マルコは Salzburger Nachrichten にコメント。

また、ヘルムート・マルコは、F1レギュレーションからレッドブル・ホンダがメルセデスとのギャップを縮めるためのサポートを受けることにも悲観的だ。

「我々が彼らほど支配的ではなかったときに毎年2~3のレギュレーション変更があった。だが、現時点では誰もそのことに興味を持っていないようだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | ホンダF1