ヴィタリー・ペトロフの2010年10月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフのマネージャー 「ヴィタリーはF1に留まる」

2010年10月19日
ヴィタリー・ペトロフとマネージャーのオクサナ・コサチェンコ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーは、ペトロフが今後数年間はF1のグリッドにいると主張する。

ヴィタリー・ペトロフは、財政的な貢献とロシアからのスポンサーを呼び込んでいるにも関わらず、2011年にルノーのシートを失うかもしれないと報じられている。

「ファンの皆さんを安心させたい。ヴィタリーは来年もF1に留まるし、その翌年もさらに翌年もF1にいるでしょう」とペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコはコメント。

ヴィタリー・ペトロフ:F1韓国GPプレビュー

2010年10月18日
ヴィタリー・ペトロフ F1韓国GP
ヴィタリー・ペトロフが、F1韓国GPへの意気込みを語った。

韓国での次のレースに備えてどのようなことをしていますか?
特別に準備をするのは難しい。完全に新しいサーキットだし、まだレースも行われていないからね。ごくわずかな情報しか入手できない。僕にできるのはトラックを学ぶためにシミュレーターで作業をするくらいだ。新しいサーキットなので、全員が状況は同じだし、トラックを学ばなければならないので、僕にとってはほんの少し楽かもしれないね。

ヴィタリー・ペトロフ、F1韓国GPで5グリッド降格

2010年10月10日
ヴィタリー・ペトロフ、F1韓国GPで5グリッド降格
ヴィタリー・ペトロフは、2週間後の韓国GPでの5グリッド降格を科せられた。

FIAはスチュワードは、F1日本GPのスタート直後にヴィタリー・ペトロフが1コーナー手前でウィリアムズのニコ・ヒュルケンベルグに衝突したとしてペナルティを科すことに決定。

ニコ・ヒュルケンベルグは、スタートに失敗してヴィタリー・ペトロフに抜かれたが、ペトロフはあまりに早くレーシングラインに戻り、ヒュルケンベルグのフロントホイールに接触した。

ヴィタリー・ペトロフ:F1日本GPプレビュー

2010年10月5日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1日本GPへの意気込み、鈴鹿サーキットの印象を語った。

ヴィタリー、シンガポールでの初のナイトレースを終えたあなたの気持はいかがですか・・・
チャレンジングな週末だったし、出せたはずの結果を残せなかったことは残念だった。レースのスタートはとても良かったし、10位に順位をあげた。セーフティカーが出動したときにピットインするというのはチームは素晴らしい作戦だった。ピットストップのあと、僕の前のウェバーとグロックに対していい位置につけていたけど、そのあとヒュルケンベルグとの事故で3つポジションが犠牲になったし、僕のレースは破壊された。それがなければ、8位でフィニッシュ出来ていたと思う。

ルノー、ヴィタリー・ペトロフ残留が濃厚に

2010年10月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ルノーは、2011年もヴィタリー・ペトロフを残留させる方向に進んでいるようだ。

フィンランド紙 Turun Sanomat は、キミ・ライコネンがタイトル争いが可能なマシンでしか2011年のF1復帰に「関心はない」としている。

またドイツの報道では、ルノーはヴィタリー・ペトロフとの契約を更新寸前であるため、エイドリアン・スーティル、ニック・ハイドフェルド、ティモ・グロックといった候補者とはもう交渉していないと報じている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム