レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「セーフティカーはラッキーだった」
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、F1イギリスグランプリのレース終盤のセーフティカーで表彰台争いに戻れたのは「ラッキーだった」と認める。

セルジオ・ペレスは、シャルル・ルクレールとの接触によってフロントウイングにダメージを負って6周目に交換のためにピットインを余儀なくされて最下位まで転落。トップ3入りのチャンスはほぼ見過ごされていた。

上位3名による3つ巴の攻防によってほとんど築かれていなかったが、セルジオ・ペレスはセーフティカー期間までに4番手まで浮上していた。そして、他のフロントランナーと同じようにソフトタイヤに交換して、そこからいくつかのムーブを成功させた。

セルジオ・ペレスは、レースが再開されたときにルイス・ハミルトンを抜き、ハードタイヤでステイアウトしたシャルル・ルクレールも攻略。最終的なウィナーであるカルロス・サインツJr.に挑戦することはできなかったが、早期のピットストップを考えれば、想像以上の2位表彰台だったに違いない。

「最初のラップでのシャルルとの接触は不運だった」とセルジオ・ペレスはレース後の記者会見で語った。

「3台分のスペースがあまりなかったし、残念ながら、最悪の場所を選んでしまった。フロントウィングにダメージを負った。これらの車ではそれほど影響はないと言われていたけど、僕にしてはフロントエンドがなかった」

「ピットインを余儀なくされ、基本的には最後までずっとラップごとにそこから挽回していった」

「ミディアムタイヤはかなりしっかりと持っていたし、最後にセーフティカーは運が良かった。表彰台を目指して戦う良い機会が得られた」

「セーフティカーが出たとき、僕たちは4番手にいた。良いチャンスだった。そして、それは壮大な最終ラップだった」

最終的にセルジオ・ペレスはルイス・ハミルトンに2.5秒のギャップを築いたが、ハミルトンとシャルル・ルクレールとの息を呑むようなアクションを演じ、背後にいるフェルナンド・アロンソとランド・ノリスもそこに関与していた。

これは、セルジオ・ペレスが昨年末にトルコとアブダビでのルイス・ハミルトンとのバトル彷彿とさせた。

「それらの最終ラップはルイスとの素晴らしい戦いだった」と21回目のF1表彰台を達成したセルジオ・ペレスは付け加えた。

「僕たち良い戦いするのは久しぶりだったし、彼を抑える準備はできていた」

「シャルルともね。彼は非常に攻撃的だったけど、フェアだった。ファンはそれを楽しんだと確信している」

「これらのラップは、僕たち員がレースをしていて、とても楽しんでいたジュニアシリーズを本当に思い出させてくれた」

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1イギリスGP