セルジオ・ペレス、2位表彰台も「フェラーリには歯が立たなかった」 / レッドブル・レーシング F1オーストラリアGP結果
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリで2位表彰台を獲得した。

3番グリッドのセルジオ・ペレスは、スタートでルイス・ハミルトン(メルセデス)にポジションを奪われる。その後、コース上でオーバーテイクするも、ピットストップで再び前に出られ、再び抜かなければならなかった。

その後、運良くセーフティカーのタイミングでピットインして3番手にいたジョージ・ラッセル(メルセデス)を抜いて3番手に浮上すると、マックス・フェルスタッペンのリタイアによって2位となり、表彰台を獲得した。

2位は今日達成できた“最大”であるかと質問されたセルジオ・ペレスは「そうかもね。今日のフェラーリは非常に強かったと思う」とコメント。

「どの時点でも彼らに匹敵することはできなかった。彼らが一歩先を行くのは初めての週末だ。以前は、予選、レースで本当に接近していたと思う。昨日も見た目より少し近づいた気がしていたけど、今日は別次元にいたと思う」

「僕たちもバランスが少し悪かったと思う。車の方向性を少し間違えたので、分析が必要だと。2台の車を少し違う方法で走らせたので、分析できる。フェラーリよりもタイヤが少し難しいように見えるので、今週末から多くのことを学ぶことができると確信している」

セルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンとともに、最終セクターで問題を抱えており、後半に最後から2番目のコーナーでスライドしていたペレスは、アルバート・パークのレイアウトがレッドブル・レーシングのバランスの問題を前面に押し出したと付け加えた。

「それは僕たちの問題の一部だと思う。セクター3は僕たちにとって本当に弱いと思う。サーキット全体で本当に影響を与えるものに対しては多くの妥協をしなければならないし、特にそのコーナーは非常に敏感であり、ミスを犯しやすいことを示している」

「良い結果だけど、残念ながら、マックスはリタイアしたし、ダブル表彰台を獲得できていればチームにとって素晴らしかっただろう」とセルジオ・ペレスはコメント。

「一方で、最初の2レースで多くの不運な瞬間があった僕にとっては良い結果だ。スタートとセーフティカーで非常に複雑なレースだったけど、なんとか乗り越えた」

「最初のスタートはとても悪く、ミディアムタイヤのデグラデーションに苦しんだ。セーフティカーは少し不運だったし、2つのポジションを失ったけど、後で取り戻すことができた」

「週末にいくつかの問題が発生し、フェラーリよりもメルセデスとの戦いが多かったし、ペースが望みどおりではなかったので、これから取り組んでいく」

「昨日はポールに近かったけど、レースではペースが少し外れていたので、今週末からいくつかの良い分析ができる。最速の男はフェラーリだ。僕たちは彼らと戦って、そこにいたいと思っているけど、今日は歯が立たなかった。車をもう少し改善できれば、もっと自信が持てるようになるだろう」

レッドブル・レーシング セルジオ・ペレス オーストラリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1オーストラリアGP