オーバーテイクウイング
F1は、オーバーテイクをより容易にするために2011年に急進的な新システム「オーバーテイクウイング」の導入を検討している。

12チームの技術代表は金曜日にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで会議を行い、今シーズン限りで可変フロントウイングを廃止することで合意した。

その代わり、2011年からドライバーはリアウイングの角度を50mm変更できるようになる。このシステムにより、コーナーを通過していないときには直線スピードを大幅に向上できるようになる。

また非常に興味深い方式として、このシステムはオーバーテイクを増加することだけを目的として設置されるため、後続マシンだけがウイングを調節できるようするという点があげられる。

先行するライバルのマシンに十分に近づくと、コックピット内にグリーンのランプが点灯し、ドライバーはオーバテイクウイングのボタンを起動させることができるという。

オーバーテイクウイングは、レースの最初のの3周では利用できないが、セーフティカー期間のあとは使えるようになるという。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「もうKERSは必要ないな」と Auto Motor und Sport にコメント。

「オーバテイクウイングがあれば十分だろう!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連