ニック・デ・フリース、アルファタウリF1と契約でセキュリティを強化
ニック・デ・フリースは、アルファタウリF1と契約したことでセキュリティを強化する必要があった。

2019年にFIA-F2でチャンピオンを獲得したニック・デ・フリースだが、F1に空席はなく、フォーミュラEに転向し、2021年にチャンピオンを獲得。メルセデスF1のリザーブドライバーを務めるデ・フリースは、今年F1で頻繁に姿を見せていたが、そこまで注目を浴びることはなかった。

今年、リザーブドライバーを務めるメルセデス、ウィリアムズ、アストンマーティンからフリー走行に出走してもそれは変わらなかったが、F1イタリアGPでアストンマーティンをドライブした後、翌日に虫垂炎に倒れたアレクサンダー・アルボンの代役でウィリアムズから出場して入賞を果たしたことで注目度は急上昇した。

それでも、ニック・デ・フリースはパドックを比較的自由に動き回ることができていたが、2023にアルファタウリF1でピエール・ガスリーのシートを引き継ぐことが発表されると状況は一変。ファンは彼の名前を叫び、彼と一緒にセルフィーを撮り、最もクレイジーな場所でサインを求めてくるようになった。

ニック・デ・フリースは、メルセデスからフリー走行に出走したF1メキシコGPの前夜にホテルで包囲されたため、追加のセキュリティを任命する必要があった。デ・フリースは、1人のファンに対応すると、他のファンにノーということができないことを学び、人々を遠ざけなければならないのは難しいと感じたと語る。

全てのファンに対応するニック・デ・フリースを呆れてみていたオランダのフォーミュラ1ジャーナリストは「私たちと一緒にセルフィーもいかがですか?」と冗談交じりにインタビューを始めた。

「もちろん!」と答えたニック・デ・ブリースは「モンツァ以降、何かが変わった」とコメント。「昨夜はホテルで襲われそうになったし、今朝もセキュリティを呼ばなければならなかった」

「みんながとても熱心なのは素晴らしいことだけど、僕はそこから逃げ出さなければならず、みんなに時間を与えられないのは気分のいいものではない」

「バランスが難しい。誰か一人に道を譲った瞬間、垣根はおしまいだ」

しかし、ニック・デ・フリースは、メキシコと日本の間には大きな違いがあると語った。

「日本では、彼らは非常に礼儀正しいし、敬意を払っている。彼らはそこで静かにチャンスを待っている。ここでは全力攻撃だ」

「このサーカス全体が自由は少し変化している。でも、一方で、僕は27年間僕であり続けてきたし、まだ僕だ」

ニック・デ・フリースは、2023年フルタイムのF1ドライバーになるという考えに慣れる時間があり、起こっていることすべてを楽しんでいると語る。

「僕は自分の夢を生きている」とニック・デ・フリースは微笑んだ。

「これは僕が生涯にわたって取り組んできたことだ。もちろん、これを楽しんでいる。これが僕がすべてをやったきた理由だ」

「何が起こったのか、そしてこ、れから何が起こるのかを理解しているけど、おそらく冬の間はさらに多くのことが起こるだろうね」

2023年にアルファタウリF1でドライブすることが日本で発表されてから1週間後、ニック・デ・フリースはすでにファエンツァにあるチームのファクトリーを初めて訪れた。

「いい感じだった」とニック・デ・フリースは当時を振り返る。

「以前、イタリアのカートチームでドライブしたことがあるので、家に帰ったような気分だった」

「イタリア人は明らかにモータースポーツに大きな情熱を持っている。さらに、チームが 1 つの大きなファミリーのような緊密なグループを形成することは、彼らの文化の一部だ」

ニック・デ・フリースがイタリア語を上手に話すという事実は、間違いなくアルファタウリF1ですぐに確立されるのに役立つだろう。

「僕はイタリア語で皆に自己紹介することができた」とニック・デ・フリースは語った。

「とても温かく迎えられ、そこにいることができてとてもうれしく思った。アルファタウリでデビューシーズンをドライブでき、このスポーツでスタートできることにとても感謝している」

ニック・デ・フリースは、イタリア語が堪能であるという事実が有利に働くことを期待している。

「イエスだと思う。そこで働いているイタリア人が多いことに本当に驚いた。メルセデスにはイギリス人のグループがたくさんあったけど、他の多くの国籍の人も働いている。でも、ファエンツァでは、85%がイタリア人だと思う」

ニック・デ・フリースは、ずっとマネージャーなしで働いていたことで知られている。F1イタリアGPでアレクサンダー・アルボンの代役を務めたときも、デ・フリースにはフィジオさえついておらず、チャッカーフラッグを受けて腕が上がらなかったデ・フリースをウィリアムズのメカニックが引きずり出した。

しかし、それは最近変わった。ピエール・ガスリーとも仕事をしているギヨーム・ル・ゴフとチームを組んだ。で・フリースは、モータースポーツで活躍した最初の年からル・ゴフを知っている。

「ピエールと僕がフォーミュラ・ルノー 2.0 でチームメイトだったとき、ART のエンジニアだったギヨームが AOTech シミュレーターを担当していた」とニック・デ・フリースは語った。

「僕たちはそのシミュレーターを一緒に開発していたので、その期間に多くの時間を一緒に過ごした」

「その後、ギヨームはイギリスに移り、マクラーレンの自動車部門で働いていた」と、当時マクラーレンのヤング ドライバー プログラムに参加していたデ フリースは続けた。

「そこで僕たちはたくさん顔を合わせた。僕がそこにいるときはいつでも、僕たちは会ってしばらくおしゃべりをしていた」

ギヨーム・ル・ゴフは、2017年からドライバーマネージャーとして活躍。彼はThe Gridと呼ばれる彼自身の代理店を持っている。

「そして、僕は信頼できる、よく知っている人を探していた。さらに、非常に率直で目に見える管理を望んでいなかった。チームと自分との関係は、僕にとって非常に重要だ。したがって、ギヨームはその中には含まれていない。しかし、彼はバックグラウンドで行われるあらゆる種類のものから僕を解放してくれる」

F1ドライバーになり、ニック・デ・フリースは学んだことがひとつあると語る。

「この 2~3 週間で学んだことが 1 つあるとすれば、それは、これまであまり知らなかった友人が突然たくさんできたことだ。誰もがすべてを提供し、誰もが物語に関わりたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / アルファタウリ