ニキータ・マゼピン、未払い賃金を求めてハースF1チームを提訴
元Fドライバーのニキータ・マゼピンは、未払いの賃金で求めて元雇用主であるハースF1チームを訴えていると述べた。

ロシアがウクライナに侵攻した後、ハースF1チームはタイトルスポンサーのロシア企業のウラルカリとの契約を解除し、ロシア人ドライバーのニキータ・マゼピンはシーズン開幕前にチームから解雇された。

ニキータ・マゼピンは、F1の価値を評価する必要があると述べ、彼の解雇が「キャンセルカルチャー」だと非難していた。

今、23歳のニキータ・マゼピンは、未払いの賃金ついてハースF1チームを法廷に連れ出すつもりだと述べた。

「契約の終了時に、ハースは僕に今年の給与債務を負っていた」とニキータ・マゼピンはChampionat.comに語った。

「そして、彼らはまだそれを支払っていない」

「雇用主は少なくとも退職の瞬間まで給与を補償し、おそらく退職金を支払うべきだと思う。そして、全世界がどこかであなたを蹴り飛ばすとき…それはおそらく間違っている。でも、それは僕の意見だ」

ニキータ・マゼピンは、裁判所の文書はすでに提出されており、ハースF1チームとウラルカリの関係の崩壊は彼の契約に影響を与えなかったはずだと主張している。

「僕は契約上の義務が果たされなかったという事実について話しているだけだ」とニキータ・マゼピンは語った。

「それは1つのことだ。それに2つの独立した契約があったことを理解する必要がある。そして、タイトルスポンサー(ウラルカリ)との契約の崩壊は、チームの僕の将来に直接的な影響を与えなかった」

「つまり、彼らは2つの別々の決定を下した。僕は自分のお金を見ていないので、僕たちは法廷に行くつもりだ。これは僕の個人的な話です。文書はすでに裁判所に提出されている」

また、ニキータ・マゼピンは、将来のある時点でF1に戻りたいという彼の願望を表明。今年4月、マゼピンはスポーツに戻ることを望んでいるが、それが実現しなければ他の大会にも参加できると述べた。

「僕のキャリアは現在休止中だ」とニキータ・マゼピンはRia Novostiに語った。

「でも、僕はモータースポーツに18年間携わっており、モータースポーツを離れるつもりはない。僕は健康を維持しているし、F1に戻りたいと思っている」

「うまくいかない場合は、他のオプションを検討する。たとえば、砂漠でのレースに興味がある。シルクロードラリーと同様に、ダカールも可能だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース