ニキータ・マゼピン、F1復帰への希望は捨てず「奇跡は起こる」
元F1ドライバーのニキータ・マゼピンは、F1復帰について「奇跡は起こる」と信じ続けている。

今年、ハースF1で2年目のシーズンを迎えるはずであり、バルセロナでのプレシーズンテストに参加していたニキータ・マゼピンだったが、同時に母国ロシアがウクライナへ侵攻したことを受け、チームはマゼピンを追放することを決定。

また、ハースF1チームは、ニキータ・マゼピンの父親であるドミトリー・マゼピンが所有するロシアの肥料会社ウラルカリとのタイトルスポンサー契約も打ち切った。

後任にはケビン・マグヌッセンがハースF1チームへ復帰し、ニキータ・マゼピンは、政治的理由または制裁のために競技会から除外されたロシアのアスリートを支援するための財団の設立に向けて取り組みながら、将来について熟考している。。

ニキータ・マゼピン自身は、ロシア国民がF1を含む世界中のモータースポーツイベントに参加するためにサインしなければならないFIAの「中立と平和のコミットメント」にサインする意欲を示している。

F1パドックにいる人たちにとっては遠慮がちだが、ニキータ・マゼピンの計画は将来のある時点でグリッドに戻ることだ。

「奇跡は起こる」とニキータ・マゼピンはロシアのMatchTVに語った。

「最初の機会にすぐにハンドルを握るだろう」

しかし、機会があるのか、そして、どのF1チームがロシア人を走らせることに意欲的または興味を持っているのかは不明だ。

「言うのは難しい」とニキータ・マゼピンは認める。

「4か月前、すべてがそこまで変わるとは想像もできなかった」

「そして今、僕は今後4か月ですべてがうまくいくとは想像できない。でも、そうなることを願っている」

ニキータ・マゼピンは、F1の誰とも連絡を取り合っておらず、以前のハースF1チームからも連絡はなかったと語った。

しかし、ニキータ・マゼピンは彼らに恨みを持っていないと語る。

「なぜ誰も僕に連絡しないのか? 僕にはわからない」とニキータ・マゼピンは語った。

「でも、僕が緊密に協力していたメカニックや誰かが解雇された場合、僕なら彼や経営陣に対する僕の態度に関係なく、WhatsAppでメッセージを送信する」

「それは魂にとっては簡単だろうけど、事実は事実だ」

今シーズン苦しんでいる元ハースF1でのチームメイトのミック・シューマッハのパフォーマンスに対するニキータ・マゼピンは多くを語らなかった。

「結果自体がそれを物語っていると思う」とニキータ・マゼピンは語った。

「これ以上追加するものはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース