F1:ウクライナ連盟、マゼピンを含むロシアライセンサーの出場禁止をFIAに要求
ウクライナ自動車連盟は、ロシアの侵功を受け、F1に参戦しているニキータ・マゼピンを含むロシアのライセンス保有者の出場禁止するようFIA(国際自動車連盟)に要求した。

ロシア軍は2月24日(木)にウクライナに対する大規模な軍事行動を開始し、世界的な非難と西側諸国による一連の制裁を促した。

ウクライナの首都キエフは、他の主要都市と同様に、侵略が始まってから5日間、定期的にミサイル攻撃を受けている。今日現在、ベラルーシの国境で和平交渉が進行中となっている

F1は先週、今年の9月にロシアでレースを行わないことを発表した。この決定は、ドライバーとチームによってサポートされている。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、発表前に、F1がロシアを訪問することを選択した場合、レースをボイコットすると述べていた。

FIAのモハメド・ビン・スライエム会長は、先週のロシアの侵略に続いて、彼の「完全な支援とFIAの支援」を提供するためにウクライナ自動車連盟(FAU)に手紙を書いた。

FAUのレオニード・コスチュチェンコ会長が送った回答の中で、連盟は「すべての国家資源が回復に向けられる戦後期間に向けて、FIAからの支援の可能な手段を準備する」と述べた。

また、ロシアとその同盟国であるベラルーシの両方に対するFIAによる一連の動きを要求。それはチャンピオンシップの競技者に影響を与えることなる。

これには、ロシアとベラルーシの連盟からライセンスを発行されたドライバーの自国以外でのレースの禁止も含まれている。これはロシア自動車連盟(RAF)から発効されたライセンスでレースをするハースF1チームのニキータ・マゼピンに直接影響を与えることになる。

先週のF1バルセロナテストでハースF1チームがロシアのタイトルスポンサーであるウラルカリのブランドを車から削除した後、ニキータ・マゼピンの将来は不透明となっている。会談は数日中に行われる予定となっている。

先週、ニキータ・マゼピンは「言われていることや行われている多くのことは自分の意志ではコントロールできない」とし、ハースF1チームのために「一生懸命働き、最善を尽くすことで自分でコントロールできることに集中することを選んだ」と述べた。

また、FAUは、ロシアとベラルーシがFIA認可のイベントを主催することを禁止し、州のシンボルと旗の使用を禁止し、すべてのロシアとベラルーシのメンバーをFIAから追放するよう求めた。

今年後半にソチで予定されているFIA WTCRラウンドは「ウクライナでの非常に悲しく心の痛む出来事」のために、土曜日にシリーズのプロモーターによって中止した。また、サッカーのチャンピオンズリーグ決勝戦など、他の多くの主要なスポーツイベントもロシアでの開催をやめている。

FIFAは日曜日に、ロシアのサッカー代表チームは本拠地で国際試合を行うことができず、「ロシアサッカー連合」として競争しなければならず、試合前に旗や国歌を使用しないと発表した。

FIM(FIAの二輪車に相当)も先週、ウクライナとロシアでの今年の世界選手権イベントをすべてキャンセルしたと発表している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / FIA / ハース