ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミッドフィールドで戦う準備は100%できている」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、2022年にパフォーマンスを次のレベルに引き上げ、機会があればF1のミッドフィールドのドライバーたちとレースをする準備はできていると語る。

同じルーキーであるミック・シューマッハとのニキータ・マゼピンの初シーズンは、F1のコツを学び、最後尾を走るためのものとなった。二人は開発を見送ったハースF1のマシンに制約されたが、マゼピンはシーズンを通して一貫してシューマッハに先を行かれた。

しかし、22歳のニキータ・マゼピンは、自分の見習い期間に全体的に満足していおり、2022年はもっと競争力のある“予測可能”なF1マシンで今年の学習を生かせることを願っていると語る。

今年F1のミッドフィールドで戦う準備はできているかと質問されたニキータ・マゼピンは「100%準備ができていると感じている」と語った。

「今年はもっと速いマシンでいくつかの良いバトルをしたい。快適に感じていた」

「僕にとって、主に人々と戦うには、自分のリアウィングがどこで終わり、フロントウィングがどこで終わるかを正確に知る必要がある。僕はマシンを彼らの隣に配置する方法を正確に知っている。

「その自信はあると感じている。バーレーンでの最初のレースでは、マシンが非常に長くて幅が広いので、とても怖かったことを覚えている」

「でも、今は良い場所にいるので、もっとバランスの取れたマシン、もっと予測可能なマシンを運転すれば、もっと簡単で楽しいものになるはずだ」

ニキータ・マゼピンは、フィールドの最後尾でフィニッシュしたことが2021年の緩和要因であり続けたことで、達成感を得られないことがあったと認める。

「僕にとって、やっぱりレーストラックに行くときは、自分自身の目的を達成して、レースを味わって、実際に結果に影響を与えることができるように感じることが重要だ」

「でも、2021年に自分のチームメイトの前で19位で良い週末を終えたとしても、本当に満足して家に帰るのはちょっと難しい」

他の若いF1ドライバーと同じように、ニキータ・マゼピンは作業進行中だ。そして、F1における個人的な成長を“eating an elephant one bite at a time(大きな目標を達成するには、小さくて積み重ねていくことが可能なタスクを実行していくこと)”と重ねた。

「僕にとってのF1は非常に似ているよ思う」とニキータ・マゼピンは語った。

「全体的にはシーズンはポジティブだったと思う。自信、そして、自分たちが始めた時点からの理解で大きな進歩を果たした」

「今年の初めに非常に良いレースができた。それから、難しいレース、良いレース、難しいレースがあった」

「ご存知のように、F1での生活は誰にとっても一貫性のあるものではない。でも、僕たちは自分たちが何をしているのかを常に知っている。2022年は僕たちが物事をまとめる年だ。そして、僕はそれを行うのに良い場所にいると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース