ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとの関係はニュートラル」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの関係が、チームの利益に役立つ“ニュートラル”な関係に発展したと語る。

ハースF1の2021年F1マシンの競争力不足と相まって、ルーキーのニキータ・マゼピンとミック・シューマッハは、昨シーズン前半にフィールド後方で孤立したバトルを余儀なくされ、何度かコース上で対立した。

バクー、ポール・リカール、ザンドフォールトでのバトルは2人のドライバー間の関係に緊張を引き起こした。しかし、チームの利益のために徐々にコミュニケーション感覚は回復していった。

「彼が僕について学んでいたとき、僕が彼について学んでいたときに、いくつかの困難な時期があったと思う」とニキータ・マゼピンは語った。

「コースに出るたびに前でフィニッシュするマシンになりたいと思っているし、いつだってそれを望んでいる。そして、パドックを離れてパスを壁に掛けるまで決してそれを望むことを辞めることはない」

「でも、今では、ハイもローもない非常にニュートラルな関係だし、一貫している。それがこのスポーツで良い結果を達成する唯一の方法だ」

2人が一緒に休暇を共有する可能性は低いが、ニキータ・マゼピンが主張するように、生産的な関係を確立することはハースF1の開発の重要な部分だ。

「僕はレースに勝つためにここにいる」とニキータ・マゼピンは付け加えた。

「おそらくそれが近い将来には起こることはないだろうけど、それを実現する方法は、できる限り最高のマシンを手に入れて、可能な限り最速の方法でセットアップすることであり、それを行うには2人が必要だ」

「ミックが、まったく同じ考え、野心、目標を心に描いていると確信しているし、僕たちはチームに必要なことをしている」

「実際、僕たちは常にガレージの両側でそれらの目標を達成するために少し先を行くように努めていると思う」

ニキータ・マゼピンは、ドライバーとしての彼自身の利益と、チーム全体に利益をもたらす共同作業とのバランスを取ることが重要だとと認める。

「もちろん、チームメイトと戦うときは、アプローチを少し緩めて、より注意する必要がある。F1では、同じチームの2台のマシンの間で何かが起こるのはある意味で本当に致命的だからだ」とニキータ・マゼピンは語った。

「しかし、結局のところ、僕たちはロシア出身でレースをするニキータ・マゼピンのためにここにいる。そして、反対側はどの国の出身であれそうだ」

「僕は自分の人生を生きているし、自分の人生をできる限り最高のものにしたいと思っている。他のことをする前に、F1や他のシリーズのトロフィーを家にたくさん飾りたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース / ミック・シューマッハ