ニキータ・マゼピン 「知らない人からの批判などまったく関係ない」 ハースF1チーム
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1キャリアでこれまでに受けた批判の嵐は自分には“まったく関係ない”ことだと語る。

ニキータ・マゼピンは、F1デビュー前にSNSに投稿したセクハラビデオで大炎上し、これまでのジュニアカレゴリーでの素行の悪さも相まってヒール役としてF1に到着。デビュー後もスピンが多発したことから、SNSでは“Mazespin”と置き換えられて誹謗中傷の的となっている。

しかし、22歳のニキータ・マゼピンは、それらをすべて無視していると主張する。

「誰もがいろいろなことついて意見を持っている」とニキータ・マゼピンは  La Gazzetta dello Sport に語った。

「僕について話している人々の99%はテレビやソーシャルメディアで見たものに基づいてそれを行っている。彼らは僕に一度も会ったことはない。したがって、彼らの意見は僕にはまったく関係ない」とニキータ・マゼピンは語る。

「幸運にも、僕にはこの22年間ずっと一緒に暮らしてきた父や他の人々など、非常に親密なファミリーで育ってきた。僕にとって重要な唯一の意見は彼らの意見だ」

「僕は間違いを犯したし、ミスを犯し続けている。他の人と同じようにね。それが僕に起こったとき、僕は自分に平手打ちをして、もうそれをしないように言っている。僕は学び、改善している」

「それでも、僕は人間なので、スピンしたり、クラッシュしたり、失敗したりする。僕のようにF1をスタートはすれば、自信を低下させる可能性があるし、自信を再び取り戻すには少し時間がかかる」

「思ったより難しいのは間違いないけど、人生は大変なものだ」

また、ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの困難な関係を軽視し、シューマッタとの和平協定の試みにおいて自分の役割を果たしたと語る。

「それはポジティブだ」とニキータ・マゼピンは語った。

「最近彼をモスクワに招待した、そして彼はまだ返事をくれていないけどね。でも、それらは誤解だし、ノーマルだ」

「僕はF1で長いキャリアを積もうとしている2人の若者だ。でも、僕たちは長い間お互いを知っているし、一緒に働く方法を見つける方法を知っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース